menu_0_0_1.pngmenu_0_0_2.png
menu_0_1.pngmenu_0_2.pngmenu_2_1.pngmenu_2_1.pngmenu_0_3.pngmenu_2_2.pngmenu_2_2.pngmenu_0_4.pngmenu_2_3.pngmenu_2_3.pngmenu_0_5.pngmenu_2_4.pngmenu_2_4.pngmenu_0_6.pngmenu_2_5.pngmenu_2_5.png

banner_OB.png

「日本映画学校OB牧場」
今村ワールドの仲間たち

1975年、横浜のスカイビルに映画学校を設立してから35年になる。 最初の専門学院は2年制で11年、後半の専修学校は3年制で25年、合わせて36年になる。いずれにしても、僕の中では今村さんのDNAを持った同一空間であり、映画をやろうが、農業をやろうが、同じ釜の飯を食った愛しい卒業生たちである。 卒業生と言ったが、初期の連中には60歳半の者も居て外見は71歳の僕と殆ど変わらない。 つまり、僕ら講師も学生だった者もいまや同じ今村ワールドの仲間たちなのである。 思えば、我々の学校は小さく家族のような集団だった。個々の経緯は違えども、何かの縁が在って今村ワールドに迷い込んできた流離人なのである。亡くなる一ヶ月前に病院を訪ねた時、「学生たちは、どうしてるかね・・」と、今村さんは遠くを見る眼で呟いた。混濁した意識の中で彼が何を見ていたかは知る由もないが、僕はいずれ、全国に散らばったOBたちが気楽に話し合える場を作ろうと思った。学校には正規な校友会があるので、敢えて非公式を表す「日本映画学校OB牧場」と、ふざけたクラブ名を付けてみた。 第1回は今年の卒業生たちと深谷シネマの竹石君を訪ねて大いに楽しんだ。 願わくば、全国に散らばっているOBたちの気楽な歓談の場になれば幸いである。

(2010.7月 武重記)

banner_imamura.png

Film-48.png第33回・倉持武弘】

今年、創立36年を迎えたイマムラ・スクール。
横浜東口スカイビルから始まり、日本映画学校へと変貌し、遂に日本映画大学に生まれ変わりました。
新たな進化の道を歩み出しています。
6000人を超えるOBの、年輪を刻むサイトに、ようこそ!

今回の第33回「日本映画学校OB牧場」は横浜放送映画専門学院第1期OBの、カメラマン・倉持武弘さんに登場していただきます。

人の手が創り出すもの

倉持武弘 さん
横浜放送映画専門学院第1期 撮影科 小松 浩ゼミ
(茨城県土浦出身)

<img001>.JPG
倉持武弘さん・カメラマン

のっけからなんですが、映画でも、フィルムキャメラを使った撮影が、かなり少なくなってきてますよね。
HDキャメラ、レッドとかアレクサとか、高性能なデジタルキャメラを使って、ダイレクトにDLPやブルーレイで上映したり、デジタルデータからフィルムに変換して上映できるようになった。合成カットでも、昔はフィルムのオプチカル作業しかなかったのが、CGIの進化によって映像表現が広がってきた。
デジタル化がこれだけ進むと、フィルムで育った僕らには不安感があって、「フィルムはなくなるんじゃないか、いや、フィルムは残さなきゃいかん。フィルムが一番なんだ」という議論も出てくる。やっぱり慣れ親しんだ、それで育ったっていう部分で、デジタルキャメラやシステムに対して不信感みたいなものがあるんでしょうな。
確かに、映像の保存という意味では、現在フィルムにはかなわないわけです。
予算的にいえば、すでにフィルム撮影は割高で、映画館で上映する作品なら、フィルム撮影でって欲望は、プロデューサー、監督たちも思っている方が多いのではと思いますが、予算がね・・・・。

現場でも随分様変わりした。例えば、モニターはあくまで技術的なチェックをするものであるはずなのに、芝居のチェックをしてしまう。芝居までモニターで見る有り様になっちゃうんですね。本番の時でも、キャメラそばには撮影部しかいない現場になってくるわけ。
「今の芝居、OKですか?」って聴くと、遠くのモニターの方で、
「チェックします。今の芝居見て見ましょう」
なんてことになる。チェックしないと芝居も判断できないの?って話ですよ。
現場のリズムがなくなってくる。俳優さんの芝居する環境にも影響する。小さな事かもしれないけど、スタッフのベクトルがキャメラ前の芝居に向かっていかないのが、とてもいやなんです。
僕が関わった「ウルトラマン」のシリーズでも、ミニチュアを使った特撮はCGIにかわりつつあり、いまじゃ、特撮美術なぞは「伝統芸能」になりつつある。

<img002>.jpg
倉持さんの対談掲載の『地球はウルトラマンの星』
(切通理作 著 :ソニーマガジンズ刊)

技術の進歩、システムの変化、映画の作り方は変わっていくのでしょうが、僕らがフィルムで学んだ技術や知識は伝えていかなければいけないのではないかと思います。
どんなにデジタルが進化しても、最期は人の手が創り出すものですから。

最新作の「琉神マブヤー THE MOVIE」は、沖縄で地元発信で作っているTVシリーズ(15分もので、今年2011年で3シーズンめ)の映画版。沖縄方言を使ったコミカルなゆるいアクション・ヒーローものです。我々、東京からのスタッフがTVシリーズの味を残しつつ、映画としてどうグレードアップできるか、苦労したところです。

<img003>.jpg
「琉神マブヤー THE MOVIE」
※クリックで拡大します

キャメラはARRIのアレクサ。沖縄の暑さと砂浜というデジタルキャメラには過酷な条件下でしたが、24日間の撮影に大きなトラブルもなくいけました。
撮影助手に、日本映画学校20期の平井英二郎君が就いてくれています。今回はじめての助手さんですが、なんか匂いがあるんですね、おなじ学校出身者の匂いが。

<img004>.jpg
倉持さん(右)と 助手の平井さん(左)

最近の助手さんたちは僕らより大変だと思う。
昨日はフィルムキャメラ、今日はHD、明日はデジタル一眼レフキャメラ、と兎に角、機材を覚えるだけでも大変。しかも、どんどんバージョンアップはするは、メーカーもわからないトラブルはあるは。
そうでありながら、どうも情報交換の場もないようで、せめて撮影部のネットワークができるといいと思いますね。

今回はそうでもなかったけど、現場が苦しければ苦しいほど、面白いんですね。炎天下、真っ黒に日焼けして、ドッタンバッタン、アクションを撮っていると、アドレナリンというか、脳内麻薬みたいなものが出てきて、撮ってやるぞーってね。えらく快感でした。現場の勢いは大事ですよ。

<img005>.jpg
「琉神マブヤー」沖縄ロケにて

震災もあったし、この不景気だし、仕事の量は激減しています。だからという事でもないけど、ワンカット、ワンカット大事に撮っていきたいと思っています。

【倉持武弘 PRコーナー】

「琉神マブヤー THE MOVIE」公開情報

2012年初春 1月7日(土)公開決定!
新宿ミラノ 川崎チネチッタ にて

<img006>.jpg
※クリックで拡大します

Film-48.png【カラシマ備忘録】

横浜放送映画専門学院第1期 CM科 鈴木忠昭ゼミ
辛島 一

倉持武弘君は、撮影部としてまっとうに修行を積み重ねて良いカメラマンになった人です。
我々が育った時代でも貴重なことです。
それは根っからの真面目さによるものではないでしょうか。

出会った人たちに好かれ愛され、教えてもらったことを素直に聞き入れ自分なりに昇華してきたからでしょう。
そして映画をこよなく愛していたからではないでしょうか。

今でも熱く映画の事を語り・・・・
さらに現状の映画制作の環境についても・・・・
真面目さ故の憤りが吹き出してきます。
とくに酒が入ると。

誤解がないように言いますがけっして堅物ではありません。
きっと遊びもしてたでしょう。
バイクも乗ってかっ飛ばしていました。
アメ車も乗っていました。
○○もしてたでしょう。
しかし倉持にとって、それらはみんな映画を撮る上での修行のひとつだったのだと思います。

映画を撮る事が誰よりも好きなカメラマンが倉持武弘ではないかと思います。

今時は流行らないかもしれませんが、この修行の経験と技術を、これから映画の撮影を目指す人に伝えて欲しいと思います。

Film-48.png【OB通信】

日本映画学校第12期 撮影•照明コース 金沢 裕ゼミ
谷本幸治
日本映画テレビ照明協会(J.S.L)協会員

<img007>.JPG
谷本幸治さん

初めまして。日本映画学校第12期生の谷本幸治です。様々な人々との出会いにより、今回ここに文章を書かせてもらえる事になりました。雑文お許しください。

DCPとVPF

DCP(デジタル•シネマ•パッケージ)とVPF(バーチャル•プリント•フィー)の問題を、皆様ご存知でしょうか。ここ1年から2年後におこる、映画のデジタル化の動きです。たくさんの利点もありますが、急速すぎて、大きすぎて、様々な問題が起こっています。

詳しくはリンクを貼っておくので、参照ください。

www.cinerevo.com
blogをクリックしていただけると、冒頭に『1124_配布用映画文化のミライ』
と『シネレボ!宣言』が有ります。あわせてご覧ください。

ネガティブな気分にさせる、重たい話です。地方の映画館が、また減ってしまうかもしれない話です。
下手をするとフィルムがなくなってしまう、話です。

そこで私たちは考えました。一番の解決方法は何なのか? 

映画学校を卒業して、映画や映像関係の仕事をしている方はたくさんいます。それ以外の方もたくさんいます。私の嫁も、映画学校の卒業生で、今は古本屋で働いています。

共通して出来る事、それは『近くの映画館に足を運ぶきっかけを作る』事です。

様々な娯楽が増え、映画館に魅力を感じない人が増えています。地デジ化され、家の大きなテレビで迫力ある映画が見られるようになりました。デジタル化が進む事により、映画がより身近になりました。しかし

映画を観に行くと、そこには映画館があります。
全国のシネコンには、それぞれの個性があります。
全国の小さな映画館には、様々な個性があります。

映画館の魅力、忘れていませんか?

映画館に魅力を感じない人もいます。感じない理由を教えてください。どうすれば映画館に行くようになりますか?

『シネレボ!』

は、非営利目的に作られた任意団体、情報共有スペースです。
フラットな場所として、メジャーもインディーズも興行も配給も観客も制作者も技術者も、全ての人々が映画について考え、知れる場所です。

デジタル化の利点はたくさんあります。ODS (Other Digital Stuff)と呼ばれる新しいコンテンツ。
オペラを見たり、ライブを見たり、スポーツ観戦したりと、今までに無かった文化鑑賞も、映画館で始まっています。

デジタル化によって、カフェやスタジアムなど、様々な場所で映画を見る事が出来ます。

『シネレボ!』にはたくさんのアート系映画の情報もあります。ミニシアターと呼ばれる、小さい映画館の情報もあります。

cine-levo_logoS.psd

「シネレボ!」はあらゆる映画を応援します。
「シネレボ!」は映画館で映画を観ることを応援します。
「シネレボ!」はデジタルシネマの可能性とフィルムの重要性も応援します。
映画のミライのために、「シネレボ!」は情報発信していきます。
www.cinerevo.com

なぜ出来かけのホームページを公開しているのか。
動き始めて間もない団体を紹介するのか。

DCPとVPFの問題は、皆様が知る必要性があるのです。皆様の知恵と力が無いと、解決できない問題です。
心意気だけで映画館を経営されている方がいます。その人たちの心の火を、様々な可能性を秘めている『デジタル化』で消すのは忍びないのです。
35ミリ映写機を、単純な理由で失いたくないのです。

地元の映画館は元気ですか? 一度のぞいていただき、『シネレボ!』の事を伝えてください。
青年時代によく行った小さな映画館は元気ですか? のぞいていただき、映画や映画館を楽しんでください。
よろしくお願いします。ピンチがチャンスです。皆様のアイデアで、映画を気軽に観る事が出来る環境を残しましょう。

雑文失礼いたしました。

Film-48.png【OB通信】

横浜放送映画専門学院第5期 映画演出科 前田陽一ゼミ
松崎みどり

来春1月29日(日) リフレッシュ体操の御案内
*今回は事前申込制で女性限定の講習会です*
参加費500円!

「リフレッシュ体操でいい眠りを」
年末年始の不規則な生活からなかなか抜け出せない、
正月太りが気になる、今年こそ運動不足を解消したい…
そんな方に最適な講習会の開催です!!

大手フィットネスクラブで活躍中の福田泰子先生といっしょに
人気のリフレッシュ体操を体験してみませんか

スポーツクラブなんて敷居が高い、運動も苦手、とか
このところ外に出るのもおっくうだし、人付き合いも苦手、とか
引きこもりがちな女性には特におススメの企画です

元気を出して、とか、頑張って、は、一切ないクラスです
それぞれのペースで福田先生と気楽にカラダを動かしているうちに
なんだか身もこころもすっきり!!

軽い運動のはずが終ってみれば、じんわりといい汗をかいているはず
リフレッシュ体操のあとは、主催メンバーのメンタルケア心理専門士による
いい眠りのお話を少々♪
このときには福田先生にもいろいろご質問できますから
こころのこともカラダのことも、日頃なんとなくモヤモヤしていることを
お話ししてみませんか


個人情報に関しましては、株式会社マツザキのホームページをご覧ください。
お友達とのご参加はもちろん、おひとりでも不安に思うことはありません。
勧誘や商品を販売することもありませんので、安心してご参加ください。

主催者情報や詳細はこちらのページから
http://tokyomatsuzaki.com/ 
株式会社マツザキ<おかあさんの部屋>
担当:松崎みどり

Film-48.pngスギヤマ編集長メモ

「日本映画学校OB牧場」初 交流会開催を企画中です。
顔の見える2時間、たまにはいかがでしょう。
皆さんの御参加、お待ちしています!

●日時:2012年1月15日(日曜日)午後3時30分から
●会場:新宿 「中国ダイニング 異邦人」
住所:新宿区歌舞伎町1-14-7 ハヤシビル4F
TEL:03-3202-3061
HP:http://www.ihohjin.com/people/p03.html
http://r.gnavi.co.jp/a073500/menu5.html
●会費:¥3,500

●ご参加くださる方は、12月28日までに、
本サイト上(冒頭左側)の投稿受付をクリックして、
メールで出席をお知らせ頂き、
御名前、ご住所、お電話番号、
何期卒業(横浜か日本映画学校かを明記)、
御職業を記入の上、送信願います

1975年、映画監督・今村昌平が「既設のレールを走りたくない若者たち、常識の管理に甘んじたくない若者たちよ集まれ」と呼びかけ、『横浜放送映画専門学院』を横浜駅前に開校。1985年、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校とし、名称を『日本映画学校』に改める。その翌年、川崎市、小田急電鉄、映画各社等の協力により、川崎市の新百合ヶ丘駅前に薪校舎が完成・移転。2011年、日本映画大学開学。

collage_logo.png


Y…横浜放送映画専門学院
N…日本映画学校

banner_website.pngbanner_website.png

banner_sanka.pngbanner_sanka.png

banner_daigaku.pngbanner_daigaku.png

imamura.png

banner_bosyu.pngbanner_bosyu.png

facebook_banner.jpg

cinemanest.jpg

cabaret.png

CRJbana200x80(1).png

kawai.png