menu_0_0_1.pngmenu_0_0_2.png
menu_0_1.pngmenu_0_2.pngmenu_2_1.pngmenu_2_1.pngmenu_0_3.pngmenu_2_2.pngmenu_2_2.pngmenu_0_4.pngmenu_2_3.pngmenu_2_3.pngmenu_0_5.pngmenu_2_4.pngmenu_2_4.pngmenu_0_6.pngmenu_2_5.pngmenu_2_5.png

banner_OB.png

「日本映画学校OB牧場」
今村ワールドの仲間たち

1975年、横浜のスカイビルに映画学校を設立してから35年になる。 最初の専門学院は2年制で11年、後半の専修学校は3年制で25年、合わせて36年になる。いずれにしても、僕の中では今村さんのDNAを持った同一空間であり、映画をやろうが、農業をやろうが、同じ釜の飯を食った愛しい卒業生たちである。 卒業生と言ったが、初期の連中には60歳半の者も居て外見は71歳の僕と殆ど変わらない。 つまり、僕ら講師も学生だった者もいまや同じ今村ワールドの仲間たちなのである。 思えば、我々の学校は小さく家族のような集団だった。個々の経緯は違えども、何かの縁が在って今村ワールドに迷い込んできた流離人なのである。亡くなる一ヶ月前に病院を訪ねた時、「学生たちは、どうしてるかね・・」と、今村さんは遠くを見る眼で呟いた。混濁した意識の中で彼が何を見ていたかは知る由もないが、僕はいずれ、全国に散らばったOBたちが気楽に話し合える場を作ろうと思った。学校には正規な校友会があるので、敢えて非公式を表す「日本映画学校OB牧場」と、ふざけたクラブ名を付けてみた。 第1回は今年の卒業生たちと深谷シネマの竹石君を訪ねて大いに楽しんだ。 願わくば、全国に散らばっているOBたちの気楽な歓談の場になれば幸いである。

(2010.7月 武重記)

banner_imamura.png

Film-48.png第37回・松﨑 みどり】

2012年春、イマムラ・スクールは創立37年を迎えます。
横浜東口スカイビルから始まり、日本映画学校へと変貌し、2010年に日本映画大学に生まれ変わりました。
新たな進化の道を歩み出している今、6500人を超えるOBの、年輪を刻むサイトも明日に向かっていきます。

今回の第37回「日本映画学校OB牧場」は横浜放送映画専門学院第5期OB、長年、東映京都太秦撮影所で仕事をされ、現在、新事業を展開中の松﨑みどりさんに登場して頂きます。

夢を見続けるのは 簡単じゃない

みどり さん
横浜放送映画専門学院第5期 映画演出科 前田陽一ゼミ

<img001>.jpg

素晴らしい先輩方のあとに続く我々、通称ゴキブリの5期(しぶとく生き残っているの意)の中の私は、たくさんの後輩に伝えたいことをひとつだけ言います。それは、「そこに居続けること」
これは、私が東映京都で初めて記録(スクリプター)として独り立ちした時の監督、若杉光夫氏からいただいた大切な言葉。
私が横浜放送映画専門学院の富田クラスから前田陽一ゼミを経て、東映京都撮影所へ記録の卵として移り住んだあの日から、もう30年という気の遠くなる時間が過ぎた。

<img002>.JPG

<img003>.JPG
実習作品のスタッフ表

同期生の連れ合いとの間に三児を育て、東京へ戻り、ひとり親家庭となってからも既に10年が過ぎようとしている。
つまり、夢を追って撮影所に入り、恵まれた夢工場で叩き上げたキャリアも、20年に満たない時間で終止符を打ち、今ではいち映画ファンでしかない。
そんな私がなぜ、前述の若杉監督の言葉をここに掲げるのか。
私が東映京都撮影所という、日本最後といっても大袈裟ではない撮影所文化の残り香に身を置くことが出来た頃、私の師匠、田中美佐江さんは深作欣二監督の「魔界転生」に取り組んでいた。その後、テレビ「影の軍団Ⅱ」のパイロット版で深作組が入り、私は見習いで現場デビューした。苛酷な現場。深夜に及ぶ撮影、テレビとは思えぬ現場。徹夜に次ぐ徹夜。深夜作業組、とはよく言ったものだ。
深作監督は我が師匠を「仁義なき戦い」からずっと手放さず、その後も「蒲田行進曲」で、私はまた見習いにつくことが出来た。五社英雄監督の「鬼龍院花子の生涯」にも見習いでついたが、その途中で若杉監督の教育映画が入り、独り立ちとなったのだった。だが自分でも気づいたが、私は記録には向いていなかった。

<img004>.JPG

とにかく現場の責任に押しつぶされるこころの弱さがあった。ビデオなどない当時、現場のチェックはすべてスクリプターにかかっていた。駆け出しの私には、押さえるべきポイントが分からずに、プレッシャーにミスもたくさんしでかした。

<img005>.JPG
メモがびっしりの「蒲田行進曲」ノーツ
深作監督から毎日のように出された号外

<img006>.JPG

今でも、特にテレビの「大奥」シリーズは観たくない…。現場が嫌いだった訳ではないし、記録の仕事の細やかさも好きだった。なにより師匠の素晴らしさには言葉に出来ない思いがある。だが、向いてはいない、という事実を感じていたので、子育てに入ることに抵抗はなかった。
が、そこで私に新たな道を拓いてくれたのは、影の軍団や大奥、暴れん坊将軍の編集マン、矢島稔之氏だった。東映では現場に出る前に編集で助手として修行をさせられる。この時、私を現場ではなく編集で育てたいと言ってくれた編集者で、私が現場を去ったのを知ると編集へ引っ張ってくれたのだ。東映京都では技師は社員であったので、予告編なども助手が作ることは出来なかった時代、仕事が嫌いだ、と言いながら、私にチャンスを与えてくれて暴れん坊将軍シリーズの予告編を任せてくれた。制作部からの文句にも責任を負うからとかばってくれた素晴らしい上司でもあった。しかし私はふたり目の妊娠中にリストラにあい、もはや東映にいることが出来なくなった。

<img007>.JPG
東野英治郎さん最後のシリーズ

<img008>.JPG
「弐十手物語」(原作:ジョージ秋山)キャスト表
  若き渡辺謙さんがセミレギュラー

<img009>.JPG
「弐十手物語」予告編コンテ
スタッフが出演した幻の予告編シリーズ

一年間、広沢の池に近い生協で荷物の仕分けのバイトをした。目の前を通過するロケバスを見送りつつ、私はなんで京都にいるんだろう、と情けなくなった時、ひとつの決意をした。
元々は大映の谷口登司夫編集マンの助手をしていた藤原公司氏に弟子入りをしよう!! 応援には来ているが東映とは無関係の人だし、ネガ編集のエキスパート!!
この人以外に習うべき人はいない。バイトをやめて押し掛け助手になった。
藤原氏は東映内の太秦映像で編集室を開設したところだったので快く受け入れてくれ、それが私の大きな転機となった。良くも悪くも大東映しか知らなかった私が、どんな注文にも応え、軽々と激務をこなしていく藤原チームに参加し、モノの見方が変わった。そして天職とも言えるネガ編集との出会い。そんな時、若杉監督に再会し、上記の言葉を賜ったのだった。
やめないことの大切さ。居続けることの困難さ。
これはきっと、これから多くの後輩たちが直面することだろう。
私は、ネガがなくなった時、またも転機を迎えて、ついに居続けることを断念した。もはや京都にいる理由がなくなったので、藤原チームから離脱した。私の夢工場の日々は、記録(スクリプター)としてはわずか5年ほど、編集助手としては13年ほどか、そう考えるとなんだか短かった気がして残念だが、ぎっしりと、実の詰まった素晴らしい歳月であった。
若杉光夫監督の名言、をいただいた訳だが、私には果たせなかった。
横浜卒業間近に松竹から衣装部の話が来たことがあった。ゼミの前田監督に相談すると「あっち側に行くのかこっち側にいるのかでまったく世界が違う」といったようなことを言われた。あっち側、というのは演技者側、こっち側というのはスタッフ側。その頃は漠然としか分からない言葉だったが、今にして思えば私には的確な助言だった。
学生時代から親しんだ映画館の暗闇に浮かぶスクリーン、夢の世界。
私は今、裏側を想像しないで映画を楽しめるような、いちファンに戻れて幸せを感じている。
後輩諸君は、そこにどう関わっていくのか。
あっち側だとしてもこっち側だとしても、はたまた違う側だとしても、
あなたが掴んだものを手放さないで、掴み続けてください。
そこに居続けてください。

夢を見ることは簡単なことじゃない。
夢を見続けることはもっと難しい。
私はその後、新たな夢を求めて彷徨っている。
ひとからみれば、何をやってるんだか、ということらしいが、これもまた続けることに意義があるのだろう。我が放浪の人生を、これからも続けていきます、みなさんの映画を楽しみながらね。

(編集部:注)

松﨑みどりさんは現在、株式会社マツザキを立ち上げ、
ネットショップの運営と「おかあさんの相談室」を主宰しています。


松﨑さんのモットーは
おかあさんの笑顔は家族の笑顔★
すべてのおかあさんの元気を応援するために★
自分で仕入れて自分で発送、そんなお店がコンセプトです★

~ おかあさんの部屋・一天屋では、
マツザキがおやこで楽しめる商品をご提供しています 
ひとつひとつおやこが笑顔になれるものを
考えながら選んでいるため、
たくさんはご用意できません だから「一点」 
おやこの笑顔もそのおやこだけのもの、
この世界にひとつだけ だから「一天」 
そんな思いのこもったこのショップをぜひご利用ください ~

詳しくは、こちらから!
HP
http://tokyomatsuzaki.com/

Film-48.png【サクムラ備忘録】

横浜放送映画専門学院第5期 撮影科 小松 浩ゼミ
作村龍二

『松﨑みどりさんについて』

横浜スカイビルで出会って30余年になりますが、本名ではなく愛称の『モーちゃん』と呼んでいた私は、この五つ下の童顔で小柄な彼女と、卒業後、思いもよらない所で再会しました。
私が撮影部として働く東映京都撮影所には、俗称『撮影所』と『太秦映像』があり、『撮影所』の新人記録(スクリプター)として、『モーちゃん』は現れました。それもなんと私の同窓生の奥さんとなって!

中々評判も良かったように聞いてたけど…何故かその後『太秦映像』の編集者の藤原さんに弟子入りし、職場を変えて又また私の前に現れました(笑)。
横浜時代に将来皆で同じ作品をするのが夢だね!…なんて戯言が現実になった訳ですが、これがまた又突然、同じ作品を担当する事になり……
どうも『モーちゃん』が私の前に現れる時は、いつも突然に感じられるのは、どうしてなんでしょ。
学生時代の戯言がちょっとだけ現実になった撮影部と編集部との関係ですから、顔会わす度に、おはようの前に『(ネガの)ノリはどう?』みたいな言葉が挨拶だったかなァ(笑)。
でも多分当時の『モーちゃん』はまだネガを触らせて貰えてなかったネ、きっと。 新しい職場でも、みどりちゃんの仕事ぶりは評判良かったですよ。ただ、初めて会った横浜時代からの、彼女の心の中のあのしっかりしたモノは『頑固やねェ!』と誤解される事もあったっけ。
『モーちゃん』はうちのカミさんとも気が合ったようで、電話や行き来もしてたし(子供が三人ずつで年も近かったからね)、東京への引越しの時は手伝いに行った事もあったね!
そんなみどりさんが、今ではネットショップの経営者なんて…凄い。
いろいろ経験してきた『モーちゃん』には、これからも幸せに笑顔で頑張って欲しいな。 私が実家の春日部に帰った時には、何処かで呑もうネ。

Film-48.png【読者からの発信】

<img012>.JPG
ten 10% pa

新曲出来ました!
題名はaremaとofって曲です!
aremaは僕史上もっともカオスで賛否両論がある曲だと思います!
ofは久々のアコギな曲です!
俺なりのジャズ&ブルースを是非聞いてください!

楽曲は↓
http://www.facebook.com/l/2AQF8JLbbAQHEM3uycEZ_2GgUL_4HWF62j-PZbTNlsIeQWw/www.muzie.ne.jp/artist/r008217/

Film-48.png編集部通信

夢を見続けるのは簡単じゃない。
確かにそうですし、はたまた、本人の意思だけではあり得ない巡り合せや援護射撃や助け舟、偶然の出会い(あるいは必然の再会か?)などで、諦めかけた夢を取り戻せる、なんてこともありますよね。
スギヤマに起きた実例として紹介したい映画があります。
大病や怪我で気力体力を蝕まれ映画への夢を諦めかけた時、声をかけて頂き、スタッフ参加したドキュメンタリー映画「だんらんにっぽん―愛知・南医療生協の奇跡―」が2月25日(土)から公開されます。

<img010>.jpg <img011>.jpg
ドキュメンタリー映画「だんらんにっぽん」チラシ
クリックして拡大!

2012年2月25日(土)~4週間
ポレポレ東中野 にて 公開
ポレポレ東中野の上映情報はこちら!
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

「だんらんにっぽん」公式サイト
http://danran-nippon.main.jp/

この「日本映画学校OB牧場」サイトを無償提供頂いている(株)シネマネストJAPANの作品であり、小池征人監督は日本映画学校で長年「人間研究」指導講師を担当していらしたドキュメンタリストであり、プロデューサーの武重邦夫を筆頭に、スタッフの大部分が横浜放送映画専門学院OBと日本映画学校OB、講師です。スギヤマも、構成に参加しております。是非、ポレポレ東中野にお運びください!

1975年、映画監督・今村昌平が「既設のレールを走りたくない若者たち、常識の管理に甘んじたくない若者たちよ集まれ」と呼びかけ、『横浜放送映画専門学院』を横浜駅前に開校。1985年、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校とし、名称を『日本映画学校』に改める。その翌年、川崎市、小田急電鉄、映画各社等の協力により、川崎市の新百合ヶ丘駅前に薪校舎が完成・移転。2011年、日本映画大学開学。

collage_logo.png


Y…横浜放送映画専門学院
N…日本映画学校

banner_website.pngbanner_website.png

banner_sanka.pngbanner_sanka.png

banner_daigaku.pngbanner_daigaku.png

imamura.png

banner_bosyu.pngbanner_bosyu.png

facebook_banner.jpg

cinemanest.jpg

cabaret.png

CRJbana200x80(1).png

kawai.png