menu_0_0_1.pngmenu_0_0_2.png
menu_0_1.pngmenu_0_2.pngmenu_2_1.pngmenu_2_1.pngmenu_0_3.pngmenu_2_2.pngmenu_2_2.pngmenu_0_4.pngmenu_2_3.pngmenu_2_3.pngmenu_0_5.pngmenu_2_4.pngmenu_2_4.pngmenu_0_6.pngmenu_2_5.pngmenu_2_5.png

banner_OB.png

「日本映画学校OB牧場」
今村ワールドの仲間たち

1975年、横浜のスカイビルに映画学校を設立してから35年になる。 最初の専門学院は2年制で11年、後半の専修学校は3年制で25年、合わせて36年になる。いずれにしても、僕の中では今村さんのDNAを持った同一空間であり、映画をやろうが、農業をやろうが、同じ釜の飯を食った愛しい卒業生たちである。 卒業生と言ったが、初期の連中には60歳半の者も居て外見は71歳の僕と殆ど変わらない。 つまり、僕ら講師も学生だった者もいまや同じ今村ワールドの仲間たちなのである。 思えば、我々の学校は小さく家族のような集団だった。個々の経緯は違えども、何かの縁が在って今村ワールドに迷い込んできた流離人なのである。亡くなる一ヶ月前に病院を訪ねた時、「学生たちは、どうしてるかね・・」と、今村さんは遠くを見る眼で呟いた。混濁した意識の中で彼が何を見ていたかは知る由もないが、僕はいずれ、全国に散らばったOBたちが気楽に話し合える場を作ろうと思った。学校には正規な校友会があるので、敢えて非公式を表す「日本映画学校OB牧場」と、ふざけたクラブ名を付けてみた。 第1回は今年の卒業生たちと深谷シネマの竹石君を訪ねて大いに楽しんだ。 願わくば、全国に散らばっているOBたちの気楽な歓談の場になれば幸いである。

(2010.7月 武重記)

banner_imamura.png

Film-48.png第49回・竹内道宏

2012年、イマムラ・スクールは創立37年を迎えました。
横浜東口スカイビルから始まり、日本映画学校へと変貌し、遂に昨年、日本映画大学に生まれ変わりました。
新たな進化の道を歩み出しています。
6,500人を超えるOBの、年輪を刻むサイトに、ようこそ!

今回は日本映画学校22期 竹内道宏さんの登場です。
映画学校中退後、独自に道を切り拓き、ユニークな活躍をされています。

拝啓、インターネット様様様様様

竹内道宏 さん
日本映画学校第22期 映像科 橋本信一ゼミ
(兵庫県明石市出身)

049_1.png
竹内道宏さん

竹内 道宏(たけうちんぐ)
たけうちんぐダイアリー:http://takeuching.blogspot.jp/

僕は日本映画学校のOBと言えるのでしょうか。学校を半年で中退したんです。

自分で学費を貯金して関西から上京し、橋本ゼミ22期生として在籍していました。が、意外にも生活費やその他諸々で貯金がいつの間にか尽きてしまいました。
在籍中、ゼミのみんなが交流できるように『橋本ゼミ不滅委員会』ってホームページを作っていたんですが、僕自身が滅してしまいました。
それもかれこれ5年前。今は、ライターやイラストレーターの仕事をやったり、ライブ映像の撮影や編集の仕事をしたり、ライブハウスで霊能者パフォーマンスをやったりしています。
それもこれも全部、インターネットのおかげなんです。
学校を辞めてから半ひきこもりの生活を続けていましたが、インターネットのおかげで外の世界に脱出できたんです。

僕は個人ホームページというものを高校生の頃から作っておりまして、そこで映画やライブの感想を書いていました。
それを毎日のように読んでくれていた人がとある雑誌の編集長と知り合いで、「この人の書いた韓国映画『オアシス』の感想がヤバイから読んで」とその編集長に薦めてくれて、文章を気に入られて、やがてその編集長に呼ばれて出版社で仕事を始めました。
出版社では某宗教団体に潜入取材したり、某秘密結社に突撃取材したり、ナンパ塾に通ったり。多岐に渡る”ヘン”な体験をたくさんしました。
出版社に入る少し前、学校を辞めてから自堕落的な生活をしている頃にタレントや歌手として活躍中の”しょこたん”こと中川翔子さんのブログで、僕のインターネットの日記が紹介されたんです。
そのおかげで多くの人に僕の文章が認知され、更にその出来事が雑誌で連載になりました。ゴマンといる派遣アルバイターの一人だった僕がしょこたんのブログに載った話は、光の当たらない場所で生きている方にも希望として届けられ、東京拘置所の囚人の方(懲役10年)にファンレターをいただいたときは本当に嬉しかったです。

そして更に、その頃に”神聖かまってちゃん”というバンドに出会ったんです。
今やNHKやフジテレビの番組にも出演する彼らですが、当時は下北沢屋根裏という小さなライブハウスで、10人にも満たない客相手にライブする人たちでした。
神聖かまってちゃんはインターネットで活動するバンドです。PVをボーカル”の子”さんが一人で制作し、それをYOUTUBEから発信。胸ぐらを掴まれるような衝撃がありました。彼らを知り、ライブにふらっと足を運んだのです。客は7、8人。そこで”の子”さんは最初から全裸になり、1曲終わるごとに1着服を着ていくというパフォーマンスをしていました。
とにかく面白かった。「これは誰かに伝えないと」と思いました。気が付けばその次のライブにビデオカメラを持ち込み、メンバーに「撮って、YOUTUBEにアップロードしていいですか?」と尋ねて了承を得て、それ以後、いつの間にか僕は”ライブ映像カメラマン”として、色んなバンドのライブを撮ることになりました。
YOUTUBEに自分のチャンネルを作り、現在もライブ映像のアップロードを続けています。

YOUTUBE - 竹内道宏チャンネル
http://www.youtube.com/user/zemsekai

複数台ではなくあえて1台のカメラで撮る、1回限りのライブならではの臨場感を重んじています。
それを繰り返していると次第に活動が認知され、やがて入江悠監督の映画『劇場版神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』のオープニングにライブ映像を使ってもらい、なぜか主演・二階堂ふみさんのお兄ちゃん役で出演しました。更に、DVD特典のスピンオフ短編では主演することにも。他にも、映画学校の先輩である松江哲明監督のテレビ番組にも関わったり、神聖かまってちゃんでの活動が思いがけない方向へ飛んでいきました。
その後は川本真琴さんのライブDVDの映像を手がけたりと毎週のようにライブハウスに通う日々を続け、ついには映画監督をすることになりました。
今年3月、初めて監督した映画『新しい戦争を始めよう』が新宿で公開されました。奇病が蔓延する東京を舞台にしたモキュメンタリー。やがて地方でも上映されることになり、11月には『新世紀エヴァンゲリオン』などでお馴染みのGAINAX主催の映画祭”米子映画事変”でも上映されることが決まりました。

049_2.png
“神聖かまってちゃん”を撮影する竹内
(撮影:佐藤哲郎)

神聖かまってちゃん【ロックンロールは鳴り止まないっ】
2012/2/24 新木場STUDIO COAST
http://www.youtube.com/watch?v=rKCLYlb4cSI

インターネット上で文章や映像を公開し、そこで活動を認知してもらったおかげで今の自分がいます。
インターネットは炎上、晒し、中傷、犯罪などとネガティブな出来事もありますが、このようにポジティブな出来事もあるということを伝えたいです。

日本映画学校に入学することがきっかけで上京し、そこでたくさんの仲間と出会いました。彼らは周囲の人たちと比べてちょっと”ヘン”です。
それが面白いです。
中退した僕なんて、映画学校を卒業してそのまま映画やテレビ、CMの道に進んでいる人にとっては相当”ヘン”なのでしょう。そりゃ怖かったです。道がきちんと示されていない森林の中を歩くような日々でしたし、今でもそうです。
あと、霊能者パフォーマンスというのもやっていますが、これもネット上で有名人の声と自分の声をサンプリングした映像を公開していると、ライブイベンターの方からお呼びがかかってライブハウスで披露することになりました。

インターネットが道筋を作ってくれて、本当に感謝しています。もはやインターネットに足を向けて寝れません。思いっきり顔面を向けて寝てやります。

049_3.png
サマーソニック2012で”うみのて”を撮影する竹内
(撮影:二宮ユーキ)

現在は”うみのて”というバンドの活動を撮影しています。来年以降、このバンドは多くの人に知られることになると思いますので、今からぜひ注目していただきたいです。

うみのて【Words Kill People(COTODAMA THE KILLER)】
2012/8/23 新宿LOFT
http://www.youtube.com/watch?v=5-bn_LgKrxo

Film-48.pngマツエ備忘録

日本映画学校第11期 演出・映像ジャーナルコース 山谷哲夫ゼミ
松江哲明
映画監督

049_4.png
松江哲明さん

竹内君は人の才能を見抜く力がずば抜けている。だが、そんな人はこれまでもいた。そういう人は編集者になったり、マネージャーを務めたり、映画ならばプロデューサーを目指した。
でも彼が「今風だよなぁ」と思わせるのは、自分でカメラを回し、ネットにアップし、思いのたけを見知らぬ誰かに届けてしまったことだ。これまではそういう道筋に時間や金がかかった。でも今は気持ち一つで広げられる。そこが凄い。
で、さらに彼がずば抜けているのはその「好きだ!」という気持ちを映像化してしまったことだ。これは技術や才能だけの問題ではない。こんな人とは出会ったことがない。映画学校や大学でも教えられない。彼は「想い」を第一に今も「映像」を続けている。
僕が監督し、竹内君にも参加してもらった『極私的神聖かまってちゃん』ではかまってちゃんへの想いを語っていた。好きなものを好きと伝えられる姿は素敵だな、と思った。そしてその気持ちが映像にも映っていた。作品のクライマックスで、編集技師のスタッフが「この映像はワンカットで使わなきゃ意味がないです」と言った。それは竹内君の撮ったハンディカムの映像が骨折騒ぎを起こしたメンバーが仲直りし、演奏するまでを撮ったものだった。僕ももちろん同感だ。彼は技術ではなく、気持ちで撮っているのだから。気持ちを切るなんてそう簡単には出来ない。映像を撮るにあたって最も大切なことを竹内君の映像は証明していると思う。だから彼は大丈夫。今は気持ち一つで人が繋がり、交流が出来る時代だから。彼が今の「想い」を持ち続けられればきっと関係性が広がるはず。それは間違いない。
残念ながら年をとると感度は鈍る。僕は35を過ぎて、そんなことを実感している。
だから竹内君にはこれからも素敵な人を先輩に紹介して欲しい。

Film-48.pngOB通信

日本映画学校第2期 撮影照明科 萩原 泉ゼミ
御木茂則

映画『希望の国』の撮影を担当しました御木です。

10月20日から劇場公開されている映画『希望の国』(園子温監督)は、
福島第一原発の事故を題材とした初めての本格的な劇映画です。
http://www.kibounokuni.jp/

~東日本大震災から数年後になる架空の土地「長島県」が舞台です。
長島原発から20km離れた土地で、ささやかながら満ち足りた生活を送っていた家族が、巨大地震で発生した原発事故により非日常に突然直面します。
映画は現実と懸命に格闘する人々の姿を描きます。~

大げさな書き方ですが『希望の国』がコケたら、現在進行形の問題を扱った劇映画が日本では製作をしづらくなるのではと危惧しています。映画『希望の国』に興味や関心を持ったけれども、DVDやBluRayで観ればいいかなと思っている方も、今回は劇場に足を運んでください。
アッバス・キアロスタミ監督の言葉、「映画の半分は監督が作るが、残りの半分は観客が作る」

『希望の国』はメインスタッフとキャストに横浜と映画学校の卒業生が6人参加しています。ラインプロデューサーの鈴木剛さん、美術の松塚隆史さん、撮影の御木茂則、日本映画学校の2期生、同級生が集まったのは全くの偶然です。照明の松隈信一さんは横浜放送映画専門学院の10期生、編集の伊藤潤一さんは日本映画学校の11期生、鈴木ミツル役で出演している清水優さんは日本映画学校の18期生です。
応援のほど、よろしくお願いします。

Film-48.pngOB通信

横浜放送映画専門学院第6期 演劇科 藤田 傳ゼミ
楠美津香(本名:師岡由美子)

楠美津香の一人芝居が
来月、台東区下谷の浄土宗「英信寺」で上演されます。

薔薇戦争とは、シェイクスピアの隠れた最高傑作です。
一個だけ見ても面白いですが、続けてみるとすごく面白いです!
秋の夜長のシェークスピア。是非、劇場(お寺)へ 足を運んでみませんか?

***************
LSD超訳薔薇戦争連続上演
※この超訳は小田島雄志氏の翻訳を参考にさせていただいております。

49_11.png

日程(開場は開演30分前)

2012年11月1日(木)19:30 超訳リチャード二世
   11月2日(金)19:30 超訳ヘンリー四世
   11月3日(土)15:00 超訳ヘンリー五世
       11月8日(木)19:30 超訳ヘンリー六世 part 1
       11月9日(金)19:30 超訳ヘンリー六世 part 2
       11月10日(土)15:00 超訳ヘンリー六世 part 3
    11月11日(日)15:00 超訳リチャード三世

*3日・10日・11日の開演時間が14:00となっておりましたが、
正しくはチラシに記載のとおり15:00となります。
お詫びして、訂正いたします。

料金:2000円(前売・当日とも)/3回券 5000円/通し券 10000円
会場:浄土宗「英信寺」(東京都台東区下谷2-5-14)
アクセス:東京メトロ日比谷線「入谷」下車徒歩3分
  JR山手線「鴬谷」南口下車徒歩5分

ご予約・お問合せ:楠一座 
kusunoki.mitsuka@gmail.com/090-7732-7816

楠美津香HP
http://www.kusunoki-mituka.com/information/index.html

Film-48.pngOB通信

横浜放送映画専門学院第5期 映画演出科 前田陽一ゼミ
松﨑みどり
株式会社マツザキ 代表

第3回講習会のご案内です!
心とからだをつなげる運動
リフレッシュ体操でケガ予防

11月23日(金・祝日)

049_5.jpg
チラシ クリックして拡大!

レッスン開始 10:00
(受付時間は 9:30)

場所:文京シビックホール シビックセンター5階会議室C
住所:東京都文京区春日1-16-21
お問合せ・会場地図等 チラシをクリック!

お申込みは、チラシ掲載のメールか、下記FAX用紙でお願いします。

049_6.jpg
お申込みFAX用紙 
クリックして拡大!

Film-48.png日本映画学校第25期・映像科・卒業制作ブログ情報】

卒制作品の予告編動画もYoutubeにて順次公開しています!
下記アドレスから

http://jami25.blog.shinobi.jp/

日本映画学校 最後の3年生が卒制作品を制作中
第25期生でファイナルを迎える映画学校卒業制作ドキュメントから、
創作の厳しさ、興奮、喜びが伝わってきます
OBのみなさん、エールを送りましょう!

来年3月に向けての 上映会HPも
http://eiga.ac.jp/gakkou/jamifilms/

日本映画学校公式HP
<トップページ>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/index2.php
※ブラウザによっては動画が見られない場合があります。
見られない場合は下記のリンクよりご参照ください。

<トップページ 動画>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/video.mp4

<ニュース一覧>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/news/news.php

<理念>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/rinen.php

<学校概要>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/about.php

<沿革>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/history+.php

<アクセス>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/access.php

<MOVIE CONTENTS バックナンバー>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/movie2.php

Film-48.png【編集部通信

羽田ハゼ釣り大会報告

049_7.png
羽田(東京都大田区)えびとり川

忙中閑あり。
台風17号の関東地方接近直前、9月30日(日)午前―――
さすがに時折強風が吹きましたが何とか天気がもった中、9人の参加者で『羽田ハゼ釣り大会』が開催されました。

049_8.png
参加者の面々

◎OB Y5期:村上安弘・近藤正典、Y8期:松本勝治、N12期:大泉 渉
◎友人 佐藤さん・川辺さん
◎編集部 N4期:岩崎聡子(&友人の息子クン)、Y1期:磯辺光春・杉山美枝

(OB敬称略)

無謀にも、団体戦を争いました。籤引きで決めた2人1組の対抗戦です。

049_9.png
幻のブーツフイッシェを釣り上げたり…

たちまち勘を取り戻した方、知られざる釣り名人の本領を発揮された方、はたまた、ハゼには見向きもされず、ひたすらカニと戯れた方(大小取り混ぜ、何故かカニしか釣れないのであります)と様々に釣りを楽しんだひとときでした。

049_10.png
釣れたてハゼの天ぷら!

釣果も納得の結果となり、アウトドア派の参加者が捌いてくれたハゼを、磯辺さんの奥様が絶品の天ぷらにして下さいました。
美味しゅうございました。
御馳走さまでした。
このイベントを企画演出、竿まで貸して下さり、また、会計及び豪華賞品準備・打ち上げの宴会準備・場所を御提供いただくなど、何から何までお世話になった磯辺さんご夫妻に感謝! ありがとうございました。

また、やりましょう。会費制ですから、釣果ゼロでも気楽です。
今回参加を見送られた皆さん、たまには釣りも良きものです。次回は是非!

1975年、映画監督・今村昌平が「既設のレールを走りたくない若者たち、常識の管理に甘んじたくない若者たちよ集まれ」と呼びかけ、『横浜放送映画専門学院』を横浜駅前に開校。1985年、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校とし、名称を『日本映画学校』に改める。その翌年、川崎市、小田急電鉄、映画各社等の協力により、川崎市の新百合ヶ丘駅前に薪校舎が完成・移転。2011年、日本映画大学開学。

collage_logo.png


Y…横浜放送映画専門学院
N…日本映画学校

banner_website.pngbanner_website.png

banner_sanka.pngbanner_sanka.png

banner_daigaku.pngbanner_daigaku.png

imamura.png

banner_bosyu.pngbanner_bosyu.png

facebook_banner.jpg

cinemanest.jpg

cabaret.png

CRJbana200x80(1).png

kawai.png