menu_0_0_1.pngmenu_0_0_2.png
menu_0_1.pngmenu_0_2.pngmenu_2_1.pngmenu_2_1.pngmenu_0_3.pngmenu_2_2.pngmenu_2_2.pngmenu_0_4.pngmenu_2_3.pngmenu_2_3.pngmenu_0_5.pngmenu_2_4.pngmenu_2_4.pngmenu_0_6.pngmenu_2_5.pngmenu_2_5.png

banner_OB.png

「日本映画学校OB牧場」
今村ワールドの仲間たち

1975年、横浜のスカイビルに映画学校を設立してから35年になる。 最初の専門学院は2年制で11年、後半の専修学校は3年制で25年、合わせて36年になる。いずれにしても、僕の中では今村さんのDNAを持った同一空間であり、映画をやろうが、農業をやろうが、同じ釜の飯を食った愛しい卒業生たちである。 卒業生と言ったが、初期の連中には60歳半の者も居て外見は71歳の僕と殆ど変わらない。 つまり、僕ら講師も学生だった者もいまや同じ今村ワールドの仲間たちなのである。 思えば、我々の学校は小さく家族のような集団だった。個々の経緯は違えども、何かの縁が在って今村ワールドに迷い込んできた流離人なのである。亡くなる一ヶ月前に病院を訪ねた時、「学生たちは、どうしてるかね・・」と、今村さんは遠くを見る眼で呟いた。混濁した意識の中で彼が何を見ていたかは知る由もないが、僕はいずれ、全国に散らばったOBたちが気楽に話し合える場を作ろうと思った。学校には正規な校友会があるので、敢えて非公式を表す「日本映画学校OB牧場」と、ふざけたクラブ名を付けてみた。 第1回は今年の卒業生たちと深谷シネマの竹石君を訪ねて大いに楽しんだ。 願わくば、全国に散らばっているOBたちの気楽な歓談の場になれば幸いである。

(2010.7月 武重記)

banner_imamura.png

Film-48.png第51回・楠美津香】

2012年、イマムラ・スクールは創立37年を迎えました。
横浜東口スカイビルから始まり、日本映画学校へと変貌し、遂に昨年、日本映画大学に生まれ変わりました。
新たな進化の道を歩み出しています。
6,500人を超えるOBの、年輪を刻むサイトに、ようこそ!

今回は横浜放送映画専門学院第6期、俳優の楠美津香さんにご登場頂きます。

「LSD 沙翁戦国絵巻 超訳薔薇戦争連続上演2012」
~Special 公演報告~

楠 美津香 さん
横浜放送映画専門学院第6期 演劇科 藤田傳ゼミ
(東京都出身)

51_1.png
リチャード三世

日本映画学校OB牧場の皆様こんにちは。最初に自己紹介です。沙翁役者、楠一座座長、楠美津香です。沙翁(さおう)とは、坪内逍遥によるシェイクスピアの当て字です。沙翁役者とはケンタウロスのヘッドが考えてくれた肩書きです。
私は2000年から Lonely Shakespeare Drama という一人シェイクスピア劇をやっています。

その前はコントをやったり、コント台本を書いたり、一人コントやったり、お笑いをやっていまして、お笑いでは河本瑞貴先生の教え子です。一人コントで一人称喋り続けてる内に、お友達の講談師がやってるような物語がやりたいなあ、と思ってた時、「マクベス」っていう劇を見て、これは壮大なスケールのコントだと思い、シェイクスピアって、ギャグ書いた人なんだって思って感動し、ためしに講談の真似をして、上野広小路亭で「超訳マクベス」やったところお客さんが喜んでくれて、自分もものすごく面白かったんですよね。

こんなに面白いんだったら、他のも全部面白いに違いないと何も考えずに決めてしまい、他の作品一個も知らない癖に「今から10年以内に坪内逍遥訳&小田島雄志訳参考に超訳で37作品やりますからね」って舞台で言っちゃったもんで、公約通りに、1年に4公演づつやってたら、本当に全部面白かったんで、やめるチャンスがなかったんですよね。

なんでそんなに面白かったかというと、ハテナマークにぶつかる度に、考古学のように意味を解いていったところ、子供の頃に面白かったドリフのコントですとかシュルツのマンガのギャグですとか、あらゆるギャグをシェイクスピアの中に発見し続けたもんですから、本人全く飽きる暇なく、2010年に37作品目が終わっておりましたんですよ。

51_2.png
リチャード三世

シェイクスピア劇は、喜劇と悲劇と歴史劇にジャンルが分かれていますが、これはあとから学者の先生が分けたんじゃないかと思うんですよね。劇はすべて、ギャグ満載の大衆演劇です。最後に登場人物がバタバタ死ぬのが悲劇です。最後に登場人物がバタバタ結婚するのが喜劇です。笑いあり涙ありが喜劇の王道ですから、悲劇の方がだんぜん面白いです。

シェイクスピア劇で一番面白いのが薔薇戦争です。シェイクスピア歴史劇ってゆうと難しそうなんですけど、内容は歴史を借りた痛快時代劇です。昔々、イングランドで赤薔薇と白薔薇に分かれて内乱がはじまったんですよ。我が国では赤旗と白旗に分かれて源平戦がありました。人は必ず赤と白に分かれて戦うんですよ。NHK紅白は正しいんですよ。

51_3.png
ヘンリー六世 part1

また、薔薇戦争はシェイクスピアの書いたテニプリです。テニプリはいろんなタイプの王子がいて、中学テニス部のトーナメントに勝ち抜いていきますが、薔薇戦争はいろんなタイプの国王がいて、王冠ゲットしていきます。「リチャード二世」からはじまって「ヘンリー四世」「ヘンリー五世」「ヘンリー六世 part1」「ヘンリー六世 part2」「ヘンリー六世 part3」と続きまして「リチャード三世」で完結する、主役交代劇です。

世界的に「リチャード三世」が単独で、一番多く上演されていることと思われます。
だけど「リチャード三世」は「ヘンリー六世」の続きであり「ヘンリー六世」は「ヘンリー五世」の続きであり「ヘンリー四世」は「リチャード二世」の続きでありますから、途中から見ますと、何のことだかよくわからないハテナマークだらけになります。戦国絵巻は連続して見ないと、面白さが解りづらいか、また全く解らないことがよくありますよね。

51_4.png

私は2000年当時、シェイクスピアをはじめたからには、シェイクスピア劇を見ようと思い、何の予備知識もなくいきなり某劇団の「リチャード三世」を見て、リチャード最初の独白で?マークになって挫折して、次のリチャードと未亡人アンのやりとりで?マークで挫折して、クラレンス暗殺場面で挫折して、以後二時間挫折しっぱなしだったもんですから、一番面白いと知った今となっては、連続公演をやらないことには、勿体ない訳です。
「連続してみるとリチャード三世がハンパなく面白いです。by 川谷大道具」。

出来たら1年に一回どこかでやりたいのはやまやまなのですが、何しろ見る方もやる方も大変なもんで、全部見ると16時間くらいかかりますしね、お客さんだってそうそうつきあってもらえる時間ないに決まってるもんですからね、中々やるチャンスがないんですけれども、今年は英信寺のご住職が「本堂でやっていいよ」って言ってくださいましたので、喜んで(ハートマーク)2012年11月に、今年は連続公演をやれました次第です。

51_5.png
念仏会案内の横に公演案内が!

舞台は浄土宗英信寺の本堂です。地下鉄谷中駅から徒歩5分のお寺です。スタッフは川谷大道具、青山学院大学竹内先生と竹内ラボの学生の皆さんです。写真は金井恵連さんです。
舞台後方に観音様、前方に大黒天様、舞台左手外に霊園がありタコ八郎さんが眠っておられます、何があっても安全なパワースポットですね。

51_6.png
お寺の外周にはのぼりが掲げられています!

51_7.png
お寺の本堂が客席と舞台に!

舞台のメンバー紹介です。

51_8.png

本堂の大伽藍の下にいつもの私の相棒、どこでもカーテン「ゴールデンゲートシスターズ」がさがってて、旭川から来てもらった黒板「ブラックプリンス1号」があります。
中央にありますのが旭川から来た講釈台「どこでもカワタニ」です。

今回のポイントは川谷さんの発案で、ヘンリー六世 part1から、七夕みたいにキャストの名前全部書いて、亡くなった方の名前に忌中の印、「心」と書けば、この戦争で何人お亡くなりになったか解りやすい、短冊を吊るしてもらったところです。

51_9.png

物語を簡単にご説明いたします。はじめのみっつは薔薇戦争の前フリです。

薔薇戦争エピソード1、詩人の中の国王、国王の中の詩人「リチャード二世」
エドワード三世の世継ぎで神に選ばれた正当な国王なんだけど、芸術家タイプなもんで、全く政治に向いてなくって、びっくりするほど人の言いなりで、側近の操り人形みたいな人です。このリチャード二世の王冠を、バリバリやり手の従兄弟、ヘンリー・ボリングブルックが奪って、ヘンリー四世になります。原作では、「ヘンリー四世」は一部と二部に分かれていますが、当座では二時間にまとめちゃっております。

薔薇戦争エピソード2、積み木崩しに悩むパパ「ヘンリー四世」
ヘンリー四世は国王になってからは、自分が王座奪ったせいで、終わらない内乱と罪悪感と不良息子に悩んで、聖地エルサレムに行きたがってるだけの、心配性のパパです。このヘンリー四世の王冠を、不良から足洗った息子ヘンリー五世が継ぎます。

薔薇戦争エピソード3、トップの条件「ヘンリー五世」
メチャメチャ不利な対フランス戦で兵力4・5倍のフランス軍を倒し、イギリス・フランス両国の王位継承権獲得します。ここまでが薔薇戦争の前フリです。ヘンリー五世はシェイクスピアの描く国王中唯一の英雄ですが、在位九年後、若くして亡くなりましたので、生後九か月の長男が王座を継ぎます。

薔薇戦争エピソード4~6、何をやってもダメな男の子「ヘンリー六世 part1~3」

51_10.png
ヘンリー六世 part2

ここから薔薇戦争勃発です。なにしろ国王子供なもんで、まわり中が摂政(国王代行)の座を争って大ゲンカしてる間に、リチャード・プランタジネット(ヨーク公)が、伯父の遺言により、リチャード二世の王冠奪ったヘンリー四世のエピソード蒸し返し、あっちはエドワード三世の四男ツナガリでこっちは三男ツナガリだから、こっちが正当な王位継承者だから王冠返せと騒ぎだし、ヨークの三人の息子が父の意志を継ぎ大暴れする訳ですよ。

51_11.png
ヘンリー六世 part2

家系図ないとちょっと解りづらいかもしれませんが、自分の権利を説明する聖書のパロディみたいなヨーク公のセリフ。

51_12.png

「エドワード三世には七人の王子があった。長男、ブラックプリンス・エドワード、次男、ハットフィールドのウィリアム、三男、クラレンス公ライオネル、四男、ランカスター公ジョン・オブ・ゴーント、五男、エドマンド・オブ・ラングリー、六男、グロスター公トマス・オブ・ウッドストック、七男、ウィリアム・オブ・ウィンザー。長男のブラックプリンスは若くして死に、息子リチャードが王位を継いだ。これがリチャード二世だ。やがて四男、ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの息子、ボリングブルックが王位を奪いヘンリー四世となり、彼はリチャード王をポンフレットに幽閉し、やがてリチャード二世は暗殺された。ランカスター家はこのようにして王冠を手に入れ、今だ力づくで手にしている。長男が死ねば次男の息子が王位を継ぐが、次男ハットフィールドのウィリアムには子供がなかった。だが三男、クラレンス公ライオネルには娘があった。娘フィリップは、マーチ伯エドマンド・モーティマーと結婚、ここにマーチ伯ロジャーが生まれた。ロジャーの子供はエドマンド、ロジャー、アン、このアンがうちのママだ。ママはエドワード三世の五男エドマンド・ラングリーの息子ケンブリッジ伯リチャードと結婚、これがうちのパパだ。このママの血によって私は王国を要求するんだ。逆から繰り返すとママのパパはマーチ伯ロジャーでありそのパパはエドマンド・モーティマーでありその妻フィリップはエドワード三世の三男、クラレンス公ライオネルの一人娘。これでわかったかわかんないかわかんないがこれで解ったろう、向こうは四男こっちは三男、兄が弟より優先するなら、私こそが王なのだ」

51_13.png
リチャード三世

そうやって王権争って、冠婚葬祭に集まる一族が赤薔薇党と白薔薇党まっぷたつに分かれ、血で血を洗う内乱と寝返り合戦繰り返し、しまいに何人死んだか解らなくなる物語です。
赤薔薇ランカスター家のラスボスは王妃マーガレットですが、王妃が白薔薇と戦ってる間じゅう、カヤの外の国王ヘンリー六世君は、聖書のワードを口ずさみ、平和を訴えながら、みんなの仲裁し続けてるだけなんですね、一番ダメなんだけど、一番愛すべき国王です。

51_14.png
リチャード三世

丸出ダメ夫君、野比ノビ太君、チャーリー・ブラウン、おそらくこの国王のパロディです。
映画「ゴッドファーザー」「スターウォーズ」はおそらく薔薇戦争のパロディです。
白薔薇ヨークが勝利をおさめ、薔薇戦争終結、ヨーク家長男エドワード四世が国王となり、薔薇戦争エピソード7、殺しの美学「リチャード三世」の物語がはじまります。

戦争の規模がイギリス・フランス戦~国内の親戚同士の内乱~親兄弟の殺し合い~最後に一番王座から遠い、片輪の剣豪リチャードの超個人的殺人計画ってゆう風に段々ちいちゃくなるにしたがって、殺しの手口が詳細になってマフィア化していく構造になっています。

今度いつ公演できるか解りませんけれど、
シェイクスピアの最高傑作、楠美津香超訳最高峰でございます。
次回公演できました暁には、どうぞ見に寄ってみてください。

51_15.png
ヘンリー六世 part2

ところで私は今、泉鏡花作品を毎月、第二金曜日に浅草リトルシアターで上演しています。泉鏡花はシェイクスピアより難しいです。明治~大正~昭和初期の作者です。半分古文と、能と狂言と中国故事のパロディと、美しい日本語に隠れた超解りにくい伏せ字文学です。ハテナマークにぶつかり考古学のように意味を解いていくと、答えがほとんど超エロ本になる文学です。「高野聖」は教科書に載った超エロ本です。ハテナマークを解き明かしたいだけの為に、名探偵古文君となって泉鏡花研究をお送りしてます。

ご覧いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、本年はいろいろどうもありがとうございました。来年もいろいろよろしくお願いいたします。皆様お体お大事に!
沙翁役者 楠美津香

東京美人百景
http://www.kusunoki-mituka.com/

写真: 金井恵蓮
構成: 岩崎聡子

Film-48.png【カワモト備忘録

横浜放送映画専門学院第2期 脚本科 長谷部慶次ゼミ
河本瑞貴
日本映画学校講師

楠美津香の冒険

楠美津香とは、私が講師を務めた横浜6期演劇科の「漫才授業」で出会った。腰まで伸ばした長い長い黒髪が印象的な美少女だった。漫才なんてやりたくない…というより、そんな「明るいこと」なんて自分たちにはできっこないと、トレーニング室の床に座り込み泣いて抵抗したネクラの女子が三人いた。美津香はその一人だった。
その名もインキーズと名乗ったネクラ女子トリオはその後、明るい漫才をやろうとするのになぜか不吉なことしか言えないというネタで大変身。発表会本番では一番の爆笑を勝ち取った。
しかしその時の私は、あの黒髪の美少女が、卒業後、百鬼夜行のお笑いの世界に飛び込むなどとは夢にも考えてはいなかった。

プロのお笑い芸人となった美津香は、何回か相方との出会いと別れを繰り返した後、いつのまにか一人コントを始めた。女の自意識をモノローグで語るという、それまでの女流のお笑いにはなかったまったく新しい舞台である。今はなき渋谷ジャンジャンで定期公演を続け、その成果は「東京美人百景」という台本集として結実している。
やがて結婚、出産。怒涛の青春もようやく落ち着く港ができた、めでたしめでたし…。
内心ホッとして油断していた私の許へ、ある日突然、公演案内が届く。美津香があのシェイクスピアをたった一人で語り演じるという。案内状の末尾には「夜露死苦!」とある。何があった? 円満な、一児の母に、見事に着地したのではなかったのか!
私は、根津の小さなギャラリーに駆けつけた。そこで、モンタギューとキャピュレットが渋谷のセンター街をはさんで対立するという、「楠美津香・超訳」の世界を初体験したのである。
以降の美津香の活動ぶりは目覚しい…というか鬼気迫るものがある。家事・子育てと格闘しながら、本当に十年間かけて37作品をやり遂げてしまった。鬼気も迫るがモロモロの危機も迫ったに違いない。しかし美津香は完走した。

数年前から、美津香シェイクスピア劇は明らかに進化を始めている。
一つの作品はおよそ二時間。途中に必ず休憩が入る。後半部の充実ぶりがすばらしい。講談のような落語のような演芸の中から、突如突出してくる演劇的世界。人間の哀しみ。
他の誰もやってない、できない、まったくオリジナルな道を、自ら開墾しながら一人走り続けている楠美津香。大昔、教え子だったはずの君は今や私の先生になってしまったようです。

いろいろあってちょっと凹んだりしているあなた。楠美津香LSDを見に来てください。元気でますよ。夜露死苦!

Film-48.pngOB通信

日本映画学校第7期 演出二科・テレビ・ビデオ演出コース 武重邦夫ゼミ
足立 紳

映画学校7期の足立紳です。
先日、「松田優作賞」というシナリオ賞を受賞いたしました。

◎ 新設の脚本賞「松田優作賞」決定!151作品から選出された「百円の恋」 - シネマトゥデイ

今年、周南絆映画祭において創設されたばかりの賞で、特に映像化が確約されているものではありませんが、励みにして今後も何とか生き延びていく所存で
す。

◎ 松田優作賞 – 第4回周南「絆」映画祭 公式ホームページ

上記のホームページにて、受賞作のシナリオがアップされていますので、お読み頂ければ幸いです。そして興味を持っていただけたらもっと幸いです!
シナリオは映像化されない限り、書いた本人以外にとってはゴミと何ら変わりませんので、何とか形にすべく努力したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Film-48.pngOB通信

横浜放送映画専門学院第5期 映画演出科 前田陽一ゼミ
近藤正典

異才の日本画家・中村正義の生涯を描いたドキュメンタリー映画「父をめぐる旅」が公開されます。この映画は映画学校の恩師・武重邦夫氏が長年温めてきた企画で、三年前にクランクインしました。僕は武重さんとの共同プロデュース・共同監督というかたちで製作を進めてきましたが、それが今年の夏に完成、来年お正月に公開の運びとなりました。

51_16.png

2013年1月5日より  東京写真美術館ホール
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyth/id11508/

1月12日より 川崎市アートセンターで公開されます。
http://kac-cinema.jp/

中村正義という画家はその画風もさることながら、権威を恐れぬその行動で異才を発揮した人です。特にその絶頂期に日展を脱退し、日本画壇の旧勢力に真っ向から対決を挑んだのは衝撃的でした。画風も一変、原色を多用し過激なまでに自由に筆を走らせた作品群はもはや日本画の枠を超え、今日でも異彩を放っています。また、この画家の生涯は病気との闘いでもありました。若くして結核を患った正義は肋骨切除という大手術を受け、その傷も癒えぬまま癌を発症、志半ばで52歳の短い生涯を閉じました。
ただ、これだけの才能と画業を誇りながらも知名度はそれほどではありません。日本画壇の権威に真っ向から異を唱えたために、メインストリームから封印されてしまったがためです。
私たちは正義の足跡をその長女・倫子さんと一緒にたどりました。
スケールの大きな人間力で多くの人の心を虜にした画家の姿がそこにはありました。真の創造を求め、生命さえ削った熾烈な生き方は、閉塞感の中で全てが萎縮してしまっているかのような今日の時代にこそ伝えていかなければならないものだと思っています。この映画を通して情熱の人・中村正義を今一度、現代に問いなおしてみたい、一人でも多くの人に知ってもらいたい、そう願っています。

Film-48.png【読者からの発信

ten 10% pa

51_17.png

今回はエレクトロな感じで仕上げてみたんで是非聞いてください!
題名はR30です!
楽曲は↓
http://www.muzie.ne.jp/artist/r008217/

muzieで聞けない方はsoundcloudで聞けると思うので是非!
楽曲は
https://soundcloud.com/ten10-3/r30

アーティスト »ten 10% pa | muzie
www.muzie.ne.jp
日本最大級のインディーズ音楽配信&コミュニティ

Film-48.png日本映画学校第25期・映像科・卒業制作ブログ情報】

卒制作品の予告編動画もYoutubeにて順次公開しています!
下記アドレスから

http://jami25.blog.shinobi.jp/

日本映画学校 最後の3年生が卒制作品を制作中
第25期生でファイナルを迎える映画学校卒業制作ドキュメントから、
創作の厳しさ、興奮、喜びが伝わってきます
OBのみなさん、エールを送りましょう!

来年3月に向けての 上映会HPも
http://eiga.ac.jp/gakkou/jamifilms/

日本映画学校公式HP
<トップページ>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/index2.php
※ブラウザによっては動画が見られない場合があります。
見られない場合は下記のリンクよりご参照ください。

<トップページ 動画>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/video.mp4

<ニュース一覧>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/news/news.php

<理念>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/rinen.php

<学校概要>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/about.php

<沿革>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/history+.php

<アクセス>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/access.php

<MOVIE CONTENTS バックナンバー>
http://www.eiga.ac.jp/gakkou/movie2.php

1975年、映画監督・今村昌平が「既設のレールを走りたくない若者たち、常識の管理に甘んじたくない若者たちよ集まれ」と呼びかけ、『横浜放送映画専門学院』を横浜駅前に開校。1985年、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校とし、名称を『日本映画学校』に改める。その翌年、川崎市、小田急電鉄、映画各社等の協力により、川崎市の新百合ヶ丘駅前に薪校舎が完成・移転。2011年、日本映画大学開学。

collage_logo.png


Y…横浜放送映画専門学院
N…日本映画学校

banner_website.pngbanner_website.png

banner_sanka.pngbanner_sanka.png

banner_daigaku.pngbanner_daigaku.png

imamura.png

banner_bosyu.pngbanner_bosyu.png

facebook_banner.jpg

cinemanest.jpg

cabaret.png

CRJbana200x80(1).png

kawai.png