menu_0_0_1.pngmenu_0_0_2.png
menu_0_1.pngmenu_0_2.pngmenu_2_1.pngmenu_2_1.pngmenu_0_3.pngmenu_2_2.pngmenu_2_2.pngmenu_0_4.pngmenu_2_3.pngmenu_2_3.pngmenu_0_5.pngmenu_2_4.pngmenu_2_4.pngmenu_0_6.pngmenu_2_5.pngmenu_2_5.png

banner_OB.png

「日本映画学校OB牧場」
今村ワールドの仲間たち

1975年、横浜のスカイビルに映画学校を設立してから35年になる。 最初の専門学院は2年制で11年、後半の専修学校は3年制で25年、合わせて36年になる。いずれにしても、僕の中では今村さんのDNAを持った同一空間であり、映画をやろうが、農業をやろうが、同じ釜の飯を食った愛しい卒業生たちである。 卒業生と言ったが、初期の連中には60歳半の者も居て外見は71歳の僕と殆ど変わらない。 つまり、僕ら講師も学生だった者もいまや同じ今村ワールドの仲間たちなのである。 思えば、我々の学校は小さく家族のような集団だった。個々の経緯は違えども、何かの縁が在って今村ワールドに迷い込んできた流離人なのである。亡くなる一ヶ月前に病院を訪ねた時、「学生たちは、どうしてるかね・・」と、今村さんは遠くを見る眼で呟いた。混濁した意識の中で彼が何を見ていたかは知る由もないが、僕はいずれ、全国に散らばったOBたちが気楽に話し合える場を作ろうと思った。学校には正規な校友会があるので、敢えて非公式を表す「日本映画学校OB牧場」と、ふざけたクラブ名を付けてみた。 第1回は今年の卒業生たちと深谷シネマの竹石君を訪ねて大いに楽しんだ。 願わくば、全国に散らばっているOBたちの気楽な歓談の場になれば幸いである。

(2010.7月 武重記)

banner_imamura.png

Film-48.pngWebサイト「日本映画学校OB牧場」の目的】

2010年からサイトUP開始した
イマムラ学校OBサイトが目指すもの

イマムラ学校とは:
1975年に映画監督/今村昌平が創設した横浜放送映画専門学院1期~11期、
1986年日本映画学校となった第1期から来年卒業の第25期生迄の38年間7,000人近いOBを輩出。
2011年日本映画大学となり、
2013年に専門学校の役割を終える。

■ サイトで繋がるOBの輪 ■
専門学校は消滅しても、イマムラ学校に集った歴代すべての7,000人近いOBが繋がり、その繋がりをOBそれぞれが仕事や人生に活かすことができるよう、ネットワークを創っていく。OBすべてが若き日の希望通り映画・TVなどの映像・演劇業界で生きている訳ではないが、映画の力、演劇の力を信じる多種多様な職業のOBが、サイトが発信する情報を共有し、各々の立場での活動や挑戦の一助としていく。

■ ネットワークの活用 ■
長年厳しい状況下にある映画業界・演劇業界では、より広いネットワークの構築が、作品の上映・上演活動を継続していく力となる。作品のPR、活動支援、観客を獲得できる手段とし、サイトが紹介する気楽な人物評伝を愉しんでいただき、人間の底力、魅力的なキャラクターやエピソードが、映画や演劇、小説、音楽、美術などさまざまな創作活動の萌芽となる可能性や、機会を作って開催する顔の見える「交流会」での気楽な歓談の中から、企画を実現していく。

OB_imamuragaschool.jpg
2012年1月15日 新宿にて 初の交流会
横浜と映画学校OBが世代を超え集合
(Wって写っている方もいる、摩訶不思議なパノラマサイズ)

■ 孤立せず あきらめない ■
OB個人個人が目指す活動の受け皿となり、より多くの作品の上映活動を始め、映画・演劇のみならず多種多様な企画実現を目指す。

***********************************
サイトUP開始後これまで、スタッフ募集・新作映画公開PR・オンエア情報・イベント案内・ネットショップ案内・連絡が途切れた友人OBの連絡先etc を
「OB牧場」からFacebook・ミクシーにシェアし、現在、OBに限らず、数千人のアドレスに情報発信。先輩からのスタッフ募集に後輩が手を挙げ参加したり、映画・演劇・イベント集客効果UPに貢献中!
***********************************

★ 編集部は、横浜と映画学校有志OBによるボランティア運営です。★

★★ お問い合わせ ★★
投稿受付 ob@cinemanest.com
(横浜第1期:杉山美枝)アドレス:sugiyama@cinemanest.com
  (映画学校第11期:山辺健史):yamanettakeshi@ybb.ne.jp
Facebookは名前検索で!
Facebookグループ:日本映画学校OB牧場でも!

★★★ 興味を持ってくださる 卒業生の皆様 ★★★
御多忙とは思いますが、お力添え御協力を願えませんでしょうか?

Film-48.png協賛参加の皆様】

(敬称を略させていただきます)

松﨑みどり
横浜放送映画専門学院第5期 前田陽一ゼミ
阿部敏彦
横浜放送映画専門学院第2期 井上和男ゼミ
磯辺光春
横浜放送映画専門学院第1期 萩原 泉ゼミ
杉山美枝
横浜放送映画専門学院第1期 井上和男・森﨑 東ゼミ
藤崎仁志
日本映画学校第22期 井坂 聡ゼミ
伊東尚輝
日本映画学校第22期 石渡 均ゼミ
武重邦夫
映画監督・プロデューサー 講師
岸 朋枝
横浜放送映画専門学院第1期 茂木幹弘ゼミ
川﨑和夫
読者
近藤正典
横浜放送映画専門学院第5期 前田陽一ゼミ

Film-48.png日本映画大学、誕生す!】

2010年10月29日、文部科学省から認可がおり、日本初の映画専門大学が誕生した。
大学としては1年生だが、前身の日本映画学校は35年のキャリアと実績を持ち、日大芸術学部映画科とともにシレクト(CILECT世界主要映画TV学校協会)に公認された世界レベルの映画学校である。小さな学校だが6000余人の卒業生を輩出し、2500人以上が国内外の映画やTV,演劇や文学、ジャーナリズムの現場で活躍している。ま、そうした背景のもとに誕生したのだから、並みの1年生ではないのである。
「おめでとう! おたくの学校は出世魚だね……」
横浜開校時を知ってる友人からお祝いのメールをいただいた。出世魚には笑ったが、横浜放送映画専門学院が2年制度で11年。川崎の日本映画学校が3年制度で24年。このたびの日本映画大学が4年制度なので、時代とともに変身し続けてきたことには間違いない。
変身と書いたが、学校が変化していくことは進化していくことである。専門学校で培ってきた実作教育にアカデミズムが加味され、融合して、新たな映画の創造世界を培っていくことになるだろう。

collage.jpg

大学に認可が下りた日、僕は新幹線の中で学校からの連絡を受けた。ホッと安堵した。またこの3年間、大学化への難関な業務に取り組んできた畏兄・佐々木史郎氏(理事長)や職員や専門スタッフのご苦労に深く感謝した。彼らは僕の出来なかったことを実現してくれたからだ。

その一方で、僕は自分自身が学校の歴史の転換を眺めているという不思議な錯覚に襲われた。車窓を流れる景色をみながら、少し感傷的にもなった。僕は横浜駅前のスカイビルの廃業したボーリング場の一角で、今村昌平監督を囲み、高橋松男氏、曾志崎信二氏と4人で横浜放送映画専門学院の設立を祝い乾杯した光景を思い出したりもした。たしか、1974年の10月15日だったと記憶している。
あれから35年、今村、曾志崎両氏は他界し、高橋氏は開校2年目で別の道を歩まれた。
現在、創立メンバーで残っているのは一番年下だった僕(武重)ひとりである。まるでシーラカンスだな…思わず苦笑した。なぜか、当時の講師や学生たちの顔が浮かんできてまいった。

僕らが学校を創った時、今村さんは「道なき荒野を進め!」と学生たちに檄(げき)を飛ばしていた。
しかし、これは決してレトリックでなく、彼が映画監督として自ら実践してきた生き方だった。僕は今村プロにいたから一番よく知っている。
今村さんは映画の学校を創ったが、映画至上主義者ではない。映画や演劇の創作作業を通じて “人間を磨くこと” を最優先に置いていた。だから僕らは、農村実習や人間研究やシナリオといった人間学を機軸に教育を進めてきた。その教育理念は大学になっても引き継がれ、微塵も揺るがないと確信している。今村さんは学歴社会や偏差値偏重を否定していたが、決して大学を否定していたわけではない。実際、僕は今村さんから「大学化」について3度ほど聞いたことがある。

開校して間もなく、専門学校の学生には通学定期が発行されないといわれた時が最初だった。
「どうして、ウチの学生が差別を受けるんだ!」
今村さんは怒り狂い、その直後に「大学か……」と口惜しそうに呟いていた。
横浜放送映画専門学院は、今村プロダクションの貧しい4人の映画人が500万円で設立した貧乏学校だった。だから、今村さんが怒り狂っても大学なんかできる訳がなかった。

2度目に聞いたのは、学校が新百合ケ丘に移転したばかりの1987年の冬だった。ハーバード大学40人の映画研究生の長期スクーリングを引き受けたときだった。
彼らは一日に2本の日本映画を観て、新藤兼人監督や今村監督の授業を受け、ホームステイの家に戻ってリポートを書き上げる。こうした猛烈授業を2週間続ける学生たちを見たとき、今村さんは感動した面持ちで「大学」を口にしたのだった。

3度目は90年代の前半のころだ。今度は言葉だけでなく、外部の人たちが参加して茨城キャンパスの図面まで作成されたが、これまた資金がなく今村さんの計画は虚しく頓挫した。

2006年5月末日、今村さんは79歳で逝去、その4年後の今年、4度目の正直で大学は実現した。
「ほう、やっと出来たか。本物の大学教育に挑戦してもらいたいね……」
今村さんの、そんな呟きが聞こえるような気がする。

私学というが、学校は特定の個人の所有物ではない。
創立者が植えた小さな苗が、各時代の学生や教師や職員により育てられ、少しずつ葉を伸ばし樹木に成長していくものだろう。日本映画大学は制度上は誕生したばかりだが、その幹には35年の年輪が刻み込まれており、年輪の一つ一つに何百人もの学生や教師や職員の顔や姿や想いが写しこまれている。学校は人間の情熱や想いの坩堝(るつぼ)、校舎は器にすぎないのだ。

変な話だが、映画学校の無人の大教室に一人で座っていると、僕の目には横浜1期の学生から現在の日本映画学校の学生たちまでが浮かんでくる。卒業期や学年を超えて、6000人のOBや来年大学にくる新入生らしき若者の喜怒哀楽のざわめきが聞こえてくるような気がする。ハッとして我に返ると、目の前に白いスクリーンがあるだけだ。大教室のあのスクリーンは、学校のすべてを見透かしているようで恐い存在だ。

今村ワールドに生息するOB牧場の諸君、まもなく貴君たちの新しい弟分、妹分が後方に繋がってくることを実感して欲しい。職場に登場して来た時は、先輩として手ほどきしてやって欲しい。彼らもまた、我々の誇る今村ワールドの大樹を構成する新たな年輪なのだから…。

(武重記)

1975年、映画監督・今村昌平が「既設のレールを走りたくない若者たち、常識の管理に甘んじたくない若者たちよ集まれ」と呼びかけ、『横浜放送映画専門学院』を横浜駅前に開校。1985年、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校とし、名称を『日本映画学校』に改める。その翌年、川崎市、小田急電鉄、映画各社等の協力により、川崎市の新百合ヶ丘駅前に薪校舎が完成・移転。2011年、日本映画大学開学。

collage_logo.png


Y…横浜放送映画専門学院
N…日本映画学校

banner_website.pngbanner_website.png

banner_sanka.pngbanner_sanka.png

banner_daigaku.pngbanner_daigaku.png

imamura.png

banner_bosyu.pngbanner_bosyu.png

facebook_banner.jpg

cinemanest.jpg

cabaret.png

CRJbana200x80(1).png

kawai.png