menu_0_0_1.pngmenu_0_0_2.png
menu_0_1.pngmenu_0_2.pngmenu_2_1.pngmenu_2_1.pngmenu_0_3.pngmenu_2_2.pngmenu_2_2.pngmenu_0_4.pngmenu_2_3.pngmenu_2_3.pngmenu_0_5.pngmenu_2_4.pngmenu_2_4.pngmenu_0_6.pngmenu_2_5.pngmenu_2_5.png

banner_OB.png

「日本映画学校OB牧場」
今村ワールドの仲間たち

1975年、横浜のスカイビルに映画学校を設立してから35年になる。 最初の専門学院は2年制で11年、後半の専修学校は3年制で25年、合わせて36年になる。いずれにしても、僕の中では今村さんのDNAを持った同一空間であり、映画をやろうが、農業をやろうが、同じ釜の飯を食った愛しい卒業生たちである。 卒業生と言ったが、初期の連中には60歳半の者も居て外見は71歳の僕と殆ど変わらない。 つまり、僕ら講師も学生だった者もいまや同じ今村ワールドの仲間たちなのである。 思えば、我々の学校は小さく家族のような集団だった。個々の経緯は違えども、何かの縁が在って今村ワールドに迷い込んできた流離人なのである。亡くなる一ヶ月前に病院を訪ねた時、「学生たちは、どうしてるかね・・」と、今村さんは遠くを見る眼で呟いた。混濁した意識の中で彼が何を見ていたかは知る由もないが、僕はいずれ、全国に散らばったOBたちが気楽に話し合える場を作ろうと思った。学校には正規な校友会があるので、敢えて非公式を表す「日本映画学校OB牧場」と、ふざけたクラブ名を付けてみた。 第1回は今年の卒業生たちと深谷シネマの竹石君を訪ねて大いに楽しんだ。 願わくば、全国に散らばっているOBたちの気楽な歓談の場になれば幸いである。

(2010.7月 武重記)

banner_imamura.png

Film-48.png編集部からのお知らせ

本サイトは、第56回をもちまして、配信を休止することになりました。
全57回(創刊号含む)に御登場くださったOBの皆様をはじめ、御愛読頂いた多くのOBの皆様、関係者の皆様、読者の皆様に、編集部一同、心から感謝申し上げます。
また、協賛頂いたOBの方々、協賛バナー掲載に呼応下さったOB企業各社のお力添えに厚く御礼申し上げます。

創刊号から第56回までのバックナンバーは、これまで同様、株式会社シネマネストJAPANのHP内、日本映画学校OB牧場サイトにアクセスして頂ければ御覧頂けます。

バックナンバー
http://www.cinemanest.com/OBbokujo/new.html

今後は、facebookページ(無料です!)にて存続展開してまいります。
交流に、情報発信に、活用よろしくお願い致します。

facebook公開ページ
http://www.facebook.com/pages/OB%E7%89%A7%E5%A0%B4/128311573918188

facebook グループページ
http://www.facebook.com/#!/groups/262069763837331/

Film-48.png第56回・岩崎憲彦

2013年3月をもって、創立38年のイマムラ・スクールは遂に、専門学校としての歴史に幕を閉じました。
横浜東口スカイビルから始まり、日本映画学校へと変貌し、新たな進化の道を歩み出し日本映画大学に生まれ変わったのです。
6,500人を超えるイマムラ・スクールのOBがいます。
OBたちの年輪を刻むサイトに、ようこそ!

今回は、ミニチュアのデザインから造形、設営まで美術製作で活躍を続ける、横浜放送映画専門学院第3期の岩崎憲彦さんにご登場いただきます。
今、さらなる活躍の場は世界に向かっています!

岩崎憲彦 さん
横浜放送映画専門学院第3期 映画演出科 前田陽一ゼミ
(大分県津久見市出身)
株式会社マーブリング・ファインアーツ 代表取締役

56_1.png
セットの中に! 岩崎憲彦さん!

18歳の時に九州の片田舎で故 今村昌平学院長と面接し、「映画創りは土方(どかた)と同じだから」というありがたい言葉を頂き、九州は大分から横浜スカイビルへと出てきてから早(はや)37年。
今や学院は大学へと名を変え(実態は知りませんが)場所を変え、志(こころざし)のある若者を育成しているかと思うと感慨深いものがあります。

私はと言えば、在学中に紹介された今は無き松竹大船撮影所で照明準備のアルバイトをしていた時(ライトを磨いたり、スタジオへ運んだりしていました)、当時撮影準備をしていた篠田正浩監督作品「夜叉ヶ池」(79‘)の特撮美術デザイナー松原裕志に声をかけられ、そのまま特撮美術助手として作品に参加しました。
学院を卒業すると再び松原さんから連絡があり、今度はこれも今は無き「東宝ビルト」という撮影所でウルトラマンの新シリーズ(ウルトラマン80‘)が始まるから手伝ってくれというものでした。
以降、それらの特撮作品でミニチュアを手掛けていた(株)マーブリング・ファインアーツという会社に入り、現在は代表をしています。マーブリングは、ミニチュアは元よりデザインから造形、設営までの美術製作をしております。
「夜叉ヶ池」の松原もウルトラマン以降退社するまでマーブリングに所属していましたし、美術助手として「ウルトラマン80‘」に参加していた萩原タクジ(横浜1期生)も縁あって一緒に仕事をしています。
その他、映画、TV、CM、特撮業界においても多くの卒業生と一緒になります。

30年来“ミニチュア特撮”という極めて特殊な映像表現を生業(なりわい)としてきて感じる事は、円谷英二以来語り継がれてきた“特撮”は伝統芸能と化し、今は“VFX”の名の元にCG全盛の時代となっています。このテクノロジーの進化は目をみはるものがあり、日々新しい映像を見せられているように感じます。
私は今“特撮”は古いものではなく今でも息づいている事をひとつの“布教活動”として動いています。
伝統芸能という言い方をしましたが、ひとつには日本人の中にある様式に対する認識があります。背中にファスナーのあるスーツを大怪獣であるという見方が出来る民族なのです。ディフォルメされた歌舞伎のセットやメイクは決してリアルではないけど、様式として違和感なく受け入れる事が出来るのと同様です。その事が逆に、映像におけるリアルの追求の妨げになっているようにも思っていますし、ある種閉鎖的な特撮業界もミニチュア特撮を進化させる力としては弱かったようにも感じています。円谷英二の考え出した映像トリックがいまだに主流としてあり(もちろん優れたアイディアが満載ではありますが)、それを継承するという、まさしく伝統芸能のような位置付けだったのです。
現在、特撮はデジタルを中心に構成されていますが、その中で映像のクオリティーを上げるひとつのツールとしてミニチュア特撮を提案しております。
先にあげた“布教活動”ですが昨年夏、東京都現代美術館に於いて開催されました展示イベント「特撮博物館」でもミニチュアがフューチャーされていましたが、実はこのイベントも開催の2年前より上がった企画の段階から参加させてもらっていました。

このイベントに対する私の主張は、ミニチュア特撮は過去の物では無く、今も成長していると言う事で、まさしく、布教活動です。
開催期間中に会場である東京都現代美術館で、「特撮課外講座」と題して特撮の魅力、裏側、撮影方法等の講演も行いました。この「特撮博物館」は好評を得て、平成25年6月23日まで「愛媛県立美術館」にて巡回開催中です。機会がありましたら是非ご覧ください。
そんな中、現在ミニチュア特撮がどのように映像に使われているかというと、いかにリアルに風景を再現する事が出来るか、しかもミニチュアでなければならない理由が必要です。
例えば、構造物が崩壊したり、爆発したり壊れる物。
実際の建物を使う事が困難なものです。もちろんこれはCGでも可能な事ではあるのですが、ミニチュアが持つ情報量の多さをCGで再現するには時間も予算もかかるという現実的な判断もあったりします。
ミニチュアの良さは実際にそこにある現実感であり、映像で表現される情報量の多さにあります。
15年前のCG映像、当時すごい技術と思っていたものを今観返すと「あれ、こんなものだったか」と思うのに、30年以上前のミニチュアの映像は今観ても色あせる事が無いのです。とは言え今のデジタル技術は驚くものがありますし、ミニチュアの撮影に於いてもCGの必要性は充分に感じます。
しかし、今の若いクリエイターはミニチュアの存在すら意識することなく映像に取り組んでいたりします。そういう意味でも“布教活動”は必要だと思いますし、よりクオリティーの高い映像を創るのが目的なのですから多くの材料を提供したいと思います。

一方で、現在ミニチュア製作の場を広げようと2009年から北米に於いて営業活動を続けております。ハリウッドにおけるミニチュアの意味はあくまでも情景、事象をリアルに再現するという事にあります。
この動き出しのキッカケはVES(ビジュアルエフェクトソサエティー)全米視覚効果協会という団体が映像におけるデジタル技術の功績、テクニックを讃える賞を作っており(日本ではあまり知名度はありませんがアメリカの関係スタッフにとっては大変名誉ある賞です)、そのひと部門に唯一アナログのミニチュア部門があり、2009年にミニチュアで温泉街を作った「山のあなた」という作品でエントリーしました。結果この年「ダークナイト」「インディ―ジョーンズ」「アイアンマン」と並んで、「山のあなた」がノミネートされたのです。ミニチュアを製作する技術的な部分での評価はされたと認識しています。
それにより、ハリウッドのミニチュアモデルメーカーやVFXに関わるプロデューサーやスーパーバイザーと親交を持つようになり、近い将来、一緒に仕事をする環境は出来つつあります。
なによりもその頃、動き出しを耳にしていたハリウッド版『ゴジラ』のプロデューサーであるブライアン・ロジャースと近しい関係が持て、今ではマーブリングのアメリカにおける代理人をしてもらってます。

56_2.png

現在、この2014年公開のハリウッド版『ゴジラ』でのミニチュア製作を発生させるべくアプローチをしております。状況が許せばマーブリングのホームページにてお知らせするように致します。


追伸:「夜叉ヶ池」という作品は諸事情があってソフト化されておりません、ほとんど目にする機会がないものです、村が洪水で流されると言う時期的にも上映が難しいものであったりもします。
長く特撮業界に携わっておりますが「夜叉ヶ池」の規模の洪水を造るタンクを使用した事は以来ありません。ダイナミックな映像をお見せできないのが残念です、上映チャンスを伺っていますのでちょっと期待しておいて下さい。                

平成25年 春

株式会社マーブリング・ファインアーツ
http://www.marbling.net/

Film-48.pngハギハラ備忘録

横浜放送映画専門学院第1期 美術 芳野尹孝ゼミ
萩原タクジ
美術デザイナー

1980年、 私は、世田谷砧の東宝ビルトスタジオでぼろ雑巾のような姿で駆けずり回っておりました。
以前コラムに記載しました「ウルトラマン80」の特撮現場です。

ミニチュアの撮影で使うビル建物がセットインする日、トラックから大きなビルを担いでくるこれまた大きなお方が若かりし頃の岩崎さん通称「ニコニコイワチャン」、これが最初の出会いであります。

その後、いろんな造形物をお願いすることになり作業場に伺いますと、よくもこんな繊細なものを大きな手で作れるものと感動でありました。こと映像に対する並々ならない情熱が出来上がったものに表れておりました。いつもニコニコとやさしいオーラ、その人となりが造形物にも表れるものです。岩崎さんは優れた造形師でもあります。

そして時代は流れ、デジタル全盛の今日、岩崎さんは造形の会社をまとめる代表として大活躍です。
日本の映像美術業界にとどまらず、グローバルな視点で映像美術に挑んでいらっしゃいます。ことに米国VXF 業界へのアプローチは並々ならぬ情熱をもって取り組んでおり、来る未来が楽しみでもあります。

横浜放送映画専門学院、日本映画学校の卒業生のみなさま、映画大学の新世代の皆様へ、心強い先輩がここにもおります。皆様の活動に大きく貢献できる環境、人材を要しております。岩崎氏の活動にこれからも期待して行きたいと思います。

1975年、映画監督・今村昌平が「既設のレールを走りたくない若者たち、常識の管理に甘んじたくない若者たちよ集まれ」と呼びかけ、『横浜放送映画専門学院』を横浜駅前に開校。1985年、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校とし、名称を『日本映画学校』に改める。その翌年、川崎市、小田急電鉄、映画各社等の協力により、川崎市の新百合ヶ丘駅前に薪校舎が完成・移転。2011年、日本映画大学開学。

collage_logo.png


Y…横浜放送映画専門学院
N…日本映画学校

【編集部からのお知らせ

配信休止のお知らせ

【OB牧場・第56回

岩崎憲彦さん登場 取材記事

【ハギハラ備忘録

萩原タクジさん 寄稿

banner_website.pngbanner_website.png

banner_sanka.pngbanner_sanka.png

banner_daigaku.pngbanner_daigaku.png

imamura.png

banner_bosyu.pngbanner_bosyu.png

facebook_banner.jpg

cinemanest.jpg

cabaret.png

CRJbana200x80(1).png

kawai.png