menu_left.psdmenu1_1.psdmenu1_1.psdmenu0_2.psdmenu1_3.psdmenu1_3.psdmenu1_4_1.psdmenu1_4_1.psdmenu1_5.psdmenu1_5.psdmenu1_6.psdmenu1_6.psdmenu1_7.psdmenu1_7.psdmenu_right.psd

KIF_6657.JPG

製作意図

製作に当たり

生命を粗末にする、粗末にされる時代がやってきた。またかという気持ちだ。私が幼い頃、青年たちが一銭5厘で外地に駆り出され戦死し、女子供や老人が空襲で焼け死に、300万人の犠牲者を出して日本国は滅びた。
終戦後、私たちは灰燼の中から立ち上がり、猛烈な勢いで経済復興に従事してきた。戦争を否定し、貧困を憎み、経済立国の実現に心豊かな日本国を夢見たのである。
そして21世紀、今、私たちは世界有数の経済大国を成し遂げながら戸惑っている。老いも若きも将来への不安に脅え、心豊かではない。幸せではないのだ。
一体、この国で何が起きたのか? どこで道を踏み違えてしまったのだろうか?
戦後60年、私たちは経済を至上とし、効率と合理性に価値を求め過ぎたのではないか。世界一のスピードで走り、その早さの中で過去の時間を忘れ去り、優しさや弱者への思いやり、人間としての心のあり方を忘れてきたのでは無かろうか。私たちは、もう一度勇気を持って踏みとどまり、そうしたものを発見し次代に手渡さねばならない。私たち、時代を生きてきた者の義務ではないだろうか。
今、私たちは日本で最も未来的な西和賀町の様相を映画化しようとしている。
西和賀町は沢内村と湯田村が合併して誕生した小さな町だが、「生命尊重の理念」を町是に掲げた、日本では希有の品格と哲学を持った町である。
私たちの仕事は、この町をしっかり見ること、人々に学ぶことだ。そして、出来上がった映画を、日本中の人達に見て貰うことだと思っている。

製作総指揮・武重邦夫

作品紹介

内容

昭和30年代に、豪雪・貧困・多病多死の三重苦を乗り越え、全国に先駆けて老人医療費の無償化と乳児死亡率ゼロを達成した岩手県西和賀町(旧沢内村)は、合併した現在も、いのちを大切にするという「生命尊重の理念」を町是に掲げる、日本では稀有の品格と哲学を持った町です。
「住民の生命を守るために、私の生命をかけよう」と宣言した当時の深沢晟雄村長と、住民が共に築き上げたその理念は、若い世代にも脈々と受け継がれています。
本作品は、深沢晟雄旧沢内村長についての証言に始まり、その理念を受け継ぐ若い世代を映し出します。老人や障害者、そして、児童養護施設の子どもたちの生命に向き合いながら、地域に生きることを模索している西和賀町の人々の姿は、私たち日本人に、改めて本当に価値のあるものを教えてくれます。

解説

本作品は、日本映画学校(神奈川県川崎市)を卒業したばかりの都鳥拓也、都鳥伸也兄弟が、及川和男著の『村長ありき』(新潮文庫)に感銘を受けて企画しました。「生命の尊さ」という今まさに日本人が見つるべきテーマに、二人の恩師である武重邦夫が、その企画の実現を決意しました。監督は、記録映画界の最前線で活躍する小池征人。前作の記録映画『白神の夢 –森と海に生きる–』で世界遺産・白神山地の懐に抱かれた生命を見つめた実績から白羽の矢が立ちました。撮影には、監督の盟友である一之瀬正史が決定しました。
2006年8月にクランク・イン。スタッフは西和賀町に住み込んで、夏三ヶ月、冬三ヶ月の長期撮影を行いました。130時間にも及ぶ記録を、『Shall We ダンス?』(監督・周防正行)など数々の日本映画の編集を手がける菊池純一が、西和賀の美しい風土と文化を織り交ぜながらまとめ上げました。録音は、若林大介。助監督は、中越信輔。音楽は、森拓治と長谷川光。ナレーターには伊藤惣一が参加しました。ベテランと若者が組み、珠玉の記録映画が誕生しました。

001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

006.JPG