banner_title.png

background_06.JPG

映画で初めて描かれた「日本のムラの叙事詩」

2004年10月23日、 新潟県中越地方を襲った中越大震災は長岡市と合併寸前の山古志村を全村崩壊させた。 山が崩れ、川に土砂が流れ込み集落を水没させた。 田圃や養鯉地の底がぬけ、 牛舎が倒壊し多数の牛たちが死んだ。 コンクリー道路がめくれ上がり、 住居は軒並みに全壊半壊し、 電気や水道のライフラインは息を止めた。 地震発生の翌日、 当時の村長・長島忠美は全村避難を発令して住民達は自衛隊のヘリコプターで長岡市へ避難した。「もう、 山古志へは永久に戻れないかも知れない」ヘリの窓から見える山古志村の惨状に人々はそう思った。
中越大地震は国が想定していた防災活動の枠を大きく超えるものだった。 山の斜面崩壊と芋川の氾濫による集落水没が重なり、 排水作業のために最新の土木技術と膨大な作業員が投入された。 しかし、2年続きの豪雪が山古志を襲い工事が思うように進ない。全ての資産や仕事を奪われた住民達は仮設住宅へ避難し、 人生の岐路に遭遇する。やがて、 故郷への想いに後ろ髪を引かれる気持の中で、30%の人たちが村を離れ他の地域に移住した。
2006年の春から、 山古志は徐々に避難解除され、 住民達は仮設住宅から集落へ通い住居や田畑の復修作業に取り組み始めた。しかし、 それは単に昔の姿に戻る事ではなかった。 この甚大な災害に直面したことで、 住民の一人一人が自分と向かい合い「山古志へ戻る事」や「山古志で生きる事」の意味を考えるようになった。
中越大震災が勃発してから間もなく五年目の秋が巡ってくる。 帰村した人々は周囲の山々を見ながら、 先人たちが生き続けた1000年余の様々な試練の時間に思いを馳せる。
楽しい事と辛い事が長い鎖のように結ばれながら、 その先端に自分たちは存在している。 自分たちは小さな山古志の住民なのだが、 防災列島で生き抜いてきた日本人そのものだと思えてくる。

中越大震災で全村崩壊した山古志村
人々は如何にして故郷を取り戻したのか
日本人の心の根源に迫る問題の記録映画!

background_01.JPG background_05.jpg

映画『掘るまいか 手掘り中山隧道の記録』

tirashi_horumaika.jpg  竣工記念写真 (2).jpg

豪雪の山村・山古志村。
つるはし一つでトンネル掘りに立ち向かった村人たちの
16年におよぶ精神とエネルギーの記録。

タイトル
映画『掘るまいか 手掘り中山隧道の記録』
作品内容
新潟県の豪雪地帯として知られる山古志村。2004年、新潟県中越地震で多大な被害を受けたこの村に現存する1kmの手掘りトンネル中山隧道は、昭和初期に16年にも及ぶ期間をかけて村人の手で掘られた。このドキュメンタリーは、戦争による中断、工事の賛否をめぐる集落の分裂など様々な困難に遭遇したその壮絶なまでの過程を貴重な証言と再現シーンを交えながら描いた人間の精神とエネルギーの記録である。
概要
監督・橋本信一
2003年/16mm/デジタル/83分/カラー