banner_title.png

background_09.JPG

佐藤忠男・映画評論家

山古志には千年の歴史があるのだ!

2004年10月23日に新潟県中越地方を襲った中越大震災は、その被害の大きさと、それによる住民の苦難については、当時ひとしきりニュースになったので、かなり知られていると思う。しかし、あれから4年あまり、あの被害者たちはどうしているか。
あの震災の直前に被害の中心地の旧山古志村で村人たちの手作りによる隧道のドキュメンタリーである「掘るまいか」を作って評判になっていた橋本信一監督は、ひきつづき、この地域の復興の記録として「1000年の山古志」の撮影に入った。
前作以来の地元の人々との信頼関係が見事に生かされて、この作品は、単なる被害の回復というよりは、千年の伝統を持つ村を新たに再創造しようとする人々の気持ちをその心の内側からくっきりと見つめるような鮮やかな印象を持つ作品になった。
この作品の良さは、復興を単に建物や道路などの再建という次元でなく、壊滅的な打撃を受けた産業をどう立て直すかというところに重点をおいて描いていることである。
段々畑の田んぼ一枚を老後の仕事場と思ってきた上田照枝さんは、そこに改めて水を引くために重いホースを担いで山の笹の間を歩きまわる。やっと成功したときのその嬉しそうな顔。父が錦鯉づくりの名人だった石原正博さんは会社づとめを辞めて父の跡を継ぐが、分からないことばかり。だから人に助けられることの有難さが身にしみる。
畜産をやっていた関親子は地震のときに家の柱などの下敷きになって死んでいった牛たちがあわれでならなかった。だから今度は、そんなことにはならないような新しい設計の牛舎を建てる。
これまでの人生の積み重ねがすっかり無駄になってしまった、というような絶望的な声すらはじめはいくつか聞かれたのに住民達はこうして希望を持つ。
やはり山古志がいい、ここに住みたい、と住民の多数が戻ってくる。
ふるさとへのそのみんなの思いを代表するような、村の鎮守の杜と太鼓と、そして自慢の闘牛のにぎわいが、古くて新しい故郷をよみがえらせる。そう、この山古志には千年の歴史があるのだ!簡単にはへこたれない。そういう住民たちの心意気がくっきりと感じ取れる作品である。

吉村秀實・ジャーナリスト

中山間地を見捨ててはならない

「新潟県中越地震」以降、去年6月の「岩手・宮城内陸地震」に至るまで、中山間地が度々大地震に見舞われるようになった。中山間地はもともと高齢化、過疎化が進み、中には「限界集落」などと呼ばれる地域も少なくない。こうした地域が大地震や集中豪雨などに見舞われると、被災率も死傷率も当然高くなる。しかし、中山間地は日本の農地面積の約40%を占め、都市に飲料水などを供給する大事な源流を抱えている。農地や源流の放棄は、深刻な都市問題に発展しやすい。この1000年、災害の度毎に復興に力強く立ち上がって来た山古志の人たちの元気さに、我々も単に驚いている場合ではない。

平井邦彦・長岡造形大学教授

04年新潟県中越地震からの復興

04年10月23日に発生した中越地震の被害の特徴は、一言で言えば「大地崩壊」ともいうべき激甚な地盤災害である。中越地方はもともと地すべり常襲地帯であり、しかも台風後で地盤がたっぷりと水を含んでいるところを地震が襲った。この地震で隣接する長岡市に全村避難した旧山古志村(当時の人口2200)ではいたる所で土砂災害が発生して道路は寸断され、河道閉塞による巨大な天然ダムも出現した。旧山古志村に限らず中越の中山間地集落では過疎高齢化、棚田放棄、森林崩壊が進んでいた。地震は時代の流れを加速する。中越地震は問いかけた。中山間地集落は持続可能か? 一気に消滅が進むのではないか? これは全国の中山間地への問いでもあった。震災から5年、被災地集落の人口は確かに3割減じた。しかし、7割の人がムラに戻った。旧山古志村をはじめとして各地で新たな持続可能性への挑戦、都市との新しい交流に向けてのさまざまなチャレンジが起こっている。